Author : JF2IWL / ND1R

このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。

Articles are written in Japanese, see my profile on my page. 73

免責事項

JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

Counter

© JF2IWL All rights reserved.

タグ:ハードウェア

MFJ-1234 ~ RigPiリモートの魅力

型番からしてもMFJの現在のイチオシらしいのですが、   なんかごくふ…

IC-7400の魅力を語る

今回のWiMoのビデオはIC-9700のファーストインプレッションです。 ドイツ語で説明するのは毎回のヒゲのおじさんです…

フェライトコアはどこのが良いのか?

ちかごろRFIなどの問題が多発、先にDX.Engさんではリグの下に敷くアーシングなんていうのを出してましたが今回はフェラ…

マルチFlexの真実を語る

先に発表されたSmartSDR 3.0の説明ビデオを見る機会を得まして、 Flex Radio, SmartLin…

無線機なしでレピータ通信入門

DMRというかリフレクタというか、かなり人口に膾炙してきたようでJAでも盛んになりつつあるようですが、K5HUMが解りや…

クロスオーバー歪みと量子化歪みと~なぜ日本人はSDRを理解できなかったのか?に関する考察 その7

おめでたい50回目のハムカレッジはデシベルとかSメータとかアンプリファイヤクラスです。 アメリカではIC-9700が大絶…

ノッチフィルタの使いかた

Notch filters explained というので期待して見たら、 当たり前のこと…

躍進するRTL SDR.comのハイパスフィルタ

ちょっと見ぬ間にやけに増殖してまして、 Buy RTL-SDR Dongles (RTL2832U)・・・RTL …

David Clark社のナイス ノイズキャンセリングヘッドセット

いよいよHeilのヘッドセットも物故割れてきて音が割れてきたところにこんなお誘いが、、 David Clark D…

ACアダプターのノイズ対策

まるでクルマのスマートキーのリレーアタック対策でカギをシールドポーチに入れてるので使えないみたいなまぬけな話ですな。 …

TS-890にSDRを埋め込む方法

こういうのやりたいっていうのは誰しも考えると思いますが、 TS-2000 Mod SDR Radio・・・Hamr…

ギガパーツでFTDX-101Dが格安販売

微妙すぎる$3999.95。 で、TS-890もですが、「値段が高いぞ!」とか寝言こいてるかたが多数なようですが、…

あなたはフルブレークインを使いますか~?

というようなモルモン教の勧誘にも近似したアンケートがCWOPsのグループで回覧されてきましてプラハのOK1RR局が作った…

平成最後の春闘に向けて ~2019年 春のダンシャリ祭り第2弾~ 50ワットステーションへの道

こちら東海痴呆ではなんでもトヨタ労組さまがやるき無さそなシュプレシコールの雄叫びを上げておられましたが、他方、 鈴鹿サーキット…

ロシア液冷リニアアンプ・BURST-2000Aの素晴らしさについて

液冷とか、なに言ってんですかねえ、と少しバカにしてたロシアBURST社の2キロワットLDMOSゲタの映像が届きましてビッ…

ハムビルダー社の100ワットリニアアンプ HBRPA100がリリースされたようです

クーリングファンがこっちに向いてる斬新なデザインのやつが、ついに売り出されてまして、 HBRPA100 (80-1…

アメリカとロシアがINF条約破棄で中華リニアアンプ XPA125Bが帰ってきた!!

帰ってきたちゅうか、最初XPA125だったのが洗練され、昨秋くらいにXPA125Bになって姿を現したようで公式的ビデオ、…

DX EngineeringのRFグラウンドプレーン

むかしは自分もこういうのをやってたこともありますけど、 DX Engineering Radi…

あらためてIC-7200の魅力を語る (カムバックハムへの道 第30弾)

さぁ、HFの扉を開こう! IC-7300 アイコム特設サイト ・・・ここ三日間ほど、いまのIC-7200をI…

ロシヤBURST社の厨二病 ソリッドステート液冷リニアアンプ

この手の話題ももう飽きたというのですが、 New Russian PA. 2000 Watts . Liquid …

ページ上部へ戻る