Author : JF2IWL / ND1R

このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。

Articles are written in Japanese, see my profile on my page. 73

免責事項

JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

Counter

© JF2IWL All rights reserved.

インドネシアアマチュア無線 ORARIの伝搬探査

インドネシアのアマチュア無線連盟・ORARIのWebサイトを開くと、トップページの右に、冒頭に掲げたよな図が出てきます。…

ロシアンWW PSKコンテストへのお誘い

いまはFT8ばかりになりましたが、PSKのコンテストもまたスリリングで楽しいものです。 Welcome to RU…

毎週土曜日の朝はデジタルモーニンです!!

ロシアデジタルクラブ(RDRC)からのお知らせです。 «Good DIGITAL morning» every S…

ピーナツプロジェクトが帰ってきた!!

先にD-Star登録をアメリカでやってもらおうとして、途端に、なんらかの気まづい理由で止っていたPeanutプロジェクト…

2019年 WW RTTYにおけるFT8部門の新設について

昨年のWW RTTY結果が出たと、世界各地で話題になっていたので貰いに行ってきました。 SA80M-LP部門でアジ…

みんなで出よう!ローバンド 毎週月曜日はローバンドデジフェストです

もしローバンドを拡大したいのならこういうことをやらなきゃいけない。 160-80M DIGI FEST on Mo…

オールJAコンテストでの 「デジタルバンドに気をつけて運用しましょう!!」 の欺瞞について

インターネットの腐海にて、なにやらみょうなことを言っておられるかたが居られる。 いわく、 …

アマチュア無線機はワークステーションへ・・・TAPRの新たな挑戦 DRAWS

昨年のカンファレンスでは、「アマチュア無線機器は単なるサーバになつてしまう」という本当のことを世間にバラしてしまつたアメ…

新春 ARRL Round Up マージャン大会にFT8で参加しました

Round Upっていう英語は、日本語では、「卓を囲む」という意味です。 今回から強力なメンツのFT8が加わり面目を一新したA…

第1回 FT8 Round UPの結果発表とその講評とSDRによる未来のFT8について

先に開催された第1回FT8 Round UPの正式結果と賞状が発表されました。 https:/…

ARRL Round Up 2019 (バラックでFT8ガラクタコンテストシステムを構築する編)

いよいよFT8の未来を占うARRL Round Upがやってまいります。 このイベントに向けてずっと、FT8コンテストシ…

WSPRでDXCCチャレンジ!!

先般はWSPRでDXCCハンティングという遊びをやっていて、受信だけで25カントリーという結果を得ていましたが、その後、…

時代はFT8+からFT8++へ....次世代WSJT-X ver.3.0に対する私の三つの提言

まるで毎日新聞の私の提言みたいなタイトルですがそういうことです。 WSJT-Xの2.0が正式リリースされ、世では、…

目と耳に訴える・・・FT8はRTTYなのか?デジタルモードなのか?? についての明快な回答

今月初旬、初のFT8コンテストが開催されるといふ直前の土壇場、AA5AU局らが主宰する世界的なRTTYーMLにおいて、おそらく…

FT8+が特例措置における、デジタルモードの勝手な拡大解釈は絶対にやってはならないこと

なんかですね、「アマチュアの勝利だ!」みたいな話なお目出度いことになってるようなんですけど、、 <現FT8の登録が…

FT8モードはデジタルモードではなくSSBモードであるという認識

先に開催されたFT8 Round Upでは、わたしたち日本のひとたちは、今回新たに定められたFT8コンテストQRG、14…

トラキアの薔薇デジタルコンテストへのいざない

このねーちゃん、たまにあちこちで見るけど誰なんだ? っていうとTRC、Thracian Rose Clubっていうのでし…

第1回 FT8 Roundup 2018 ~ その参加結果と講評

「講評」なんていうエラソなことを言える立場でも無いですが、歴史的な第1回に立ち会えたことを光栄としまして以下講評です。 まず初…

ロシヤ惑星デジタルラジオの結果が出ました

いよいよぷーちんさんがウクライナとドンパチを開始していたころ、 Final results of Activity…

アマチュア無線PACTOR通信と国家安全保障と通信の秘密と緊急条項の関わりについて

このことは対岸の火事でなくして、われわれも真剣に考える必要があります。 FCC filing claims dig…

ページ上部へ戻る