Author : JF2IWL / ND1R

このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。

Articles are written in Japanese, see my profile on my page. 73

免責事項

JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

Counter

© JF2IWL All rights reserved.

タグ:デジタルモード

夜のしじまのジェットストリーム高高度気球の魅力 ~ VE3KCLバルーンを捕えた!!

満天の星をいただく果てしない光の海を、 豊かに流れゆく風に 心を開けば、 煌く星座の物語も聞こえてくる、 …

無線機なしでレピータ通信入門

DMRというかリフレクタというか、かなり人口に膾炙してきたようでJAでも盛んになりつつあるようですが、K5HUMが解りや…

ロシアデジタルモードクラブが5周年のお祝い

だそうです。 Activity days «Made in Russia 2019» - 5th Annivers…

カタールのオスカー QO-100衛星がタイとブラジルとの最長不倒距離を達成

わたしも気になってWebSDRで聞いたりしてましたが、なんかおかしいと思った。 BRESIL / THAÏLAND…

揉めているXR0ZRCとFT8モードの原子崩壊とキューバ危機の再来 ~ ノアの方舟のゆくえは何処へ?

だから言わんこっちゃない。 現在開催されているXR0ZRCペディについて、RTTY界のドン、AA5AU、Donおじ…

2019年VP6R ピトケアン南国ウハウハペディにおける10kHz帯域FT8の方法について

人ごとなんで良いんですけど、ほんとうはブーベに行くはずだった旧3Y0Zチームのはしゃぎっぷりについてはどうかとも思います…

WSJT-X 2.0がマイナーバージョンアップにおけるピアノとの関係とFT8の失敗感について

昨年末に慌てて大急ぎで開発も今年に入って全員が一服感、もはや誰も気にしてないWSJT-Xの2.0でしたが、K1JT親分よ…

短波帯デジタル通信でビットコインを送付

このことは遊びではなくて廃れつつある短波帯の再開発であると捉えなくてはならない。 Radio hams trans…

第1回(?) YB DX RTTYコンテストへのいざない

インドネシア国内の初心者さん向けに初手はYB DX SSBでフォーンから入ったのか? 今度はRTTYなのださうです。 …

インドネシアアマチュア無線 ORARIの伝搬探査

インドネシアのアマチュア無線連盟・ORARIのWebサイトを開くと、トップページの右に、冒頭に掲げたよな図が出てきます。…

ロシアンWW PSKコンテストへのお誘い

いまはFT8ばかりになりましたが、PSKのコンテストもまたスリリングで楽しいものです。 Welcome to RU…

毎週土曜日の朝はデジタルモーニンです!!

ロシアデジタルクラブ(RDRC)からのお知らせです。 «Good DIGITAL morning» every S…

ピーナツプロジェクトが帰ってきた!!

先にD-Star登録をアメリカでやってもらおうとして、途端に、なんらかの気まづい理由で止っていたPeanutプロジェクト…

2019年 WW RTTYにおけるFT8部門の新設について

昨年のWW RTTY結果が出たと、世界各地で話題になっていたので貰いに行ってきました。 SA80M-LP部門でアジ…

みんなで出よう!ローバンド 毎週月曜日はローバンドデジフェストです

もしローバンドを拡大したいのならこういうことをやらなきゃいけない。 160-80M DIGI FEST on Mo…

オールJAコンテストでの 「デジタルバンドに気をつけて運用しましょう!!」 の欺瞞について

インターネットの腐海にて、なにやらみょうなことを言っておられるかたが居られる。 いわく、 …

アマチュア無線機はワークステーションへ・・・TAPRの新たな挑戦 DRAWS

昨年のカンファレンスでは、「アマチュア無線機器は単なるサーバになつてしまう」という本当のことを世間にバラしてしまつたアメ…

新春 ARRL Round Up マージャン大会にFT8で参加しました

Round Upっていう英語は、日本語では、「卓を囲む」という意味です。 今回から強力なメンツのFT8が加わり面目を一新したA…

第1回 FT8 Round UPの結果発表とその講評とSDRによる未来のFT8について

先に開催された第1回FT8 Round UPの正式結果と賞状が発表されました。 https:/…

ARRL Round Up 2019 (バラックでFT8ガラクタコンテストシステムを構築する編)

いよいよFT8の未来を占うARRL Round Upがやってまいります。 このイベントに向けてずっと、FT8コンテストシ…

ページ上部へ戻る