Author : JF2IWL / ND1R

このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。

Articles are written in Japanese, see my profile on my page. 73

免責事項

JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

Counter

© JF2IWL All rights reserved.

タグ:ソフトウェア

フィンテックの時代に ~ 仮想アマチュア無線・HamSphereがなんかものすごくなってる件について

ちかごろサンケイ新聞では遅まきながらフィンテック特集連載なんていうのやってて、また、ペイペイとかオリガミペイとかの営業が…

IC-7300の解説ガイド本が出ましたよ!!

英語版ですけど。 New book on the Icom IC-7300・・・サウスゲーツ …

FTDX-101Dがついにシャーウッド表でトップの座の衝撃と、トヨタが売上30兆円の未来について

ちかごろ騒がしい街の声によりますと、皆が聖書と奉るシャーウッド表にて、デイトンに合せてFTDX-101Dが加筆されたとの…

N1MM+ロガーでバンドスキャンしてSSB信号をキーボードだけで次々ホッピングするマル秘ワザ

ビデオでおおっぴらに公開されてるのでマル秘でもなんでもないですが、 N1MMロガーにおけるWB(Waterfall Ba…

FT4モードの凄まじい破壊力とVP6Rペディにおける超爆速レートF/Hについて

なんでも聞くところによりますとFT4モードはコンテスト専用に開発された、FT8よりもS/Nが劣るモノなのでふつうのDXに…

MFJ-1234 ~ RigPiリモートの魅力

型番からしてもMFJの現在のイチオシらしいのですが、   なんかごくふ…

日本のアマチュア無線局の激減と究極のSDR、HamSphereの躍進について

まだやってんのかよ。 <仕様変更で、ほぼリアルタイムにデータ更新へ>無線局等情報検索(3月11日時点)、アマチュア…

お金ってなんだろう? ~HamSphere 4.0 New Year contestへのお誘い

お正月の日本ではQSOパーティやオール兵庫、或いは埼玉など、ドメスチックなアマチュア無線イベントが盛んなころ、世界ではP…

進歩に背を向けたTS-890 (日本人はなぜSDRを理解できなかったのか? についての考察 その4)

やっとでTS-890のカタログを読む機会を得まして、、といふのは日本語のパンフでは、「出会いの喜びは大きく、そして気高い…

時代はFT8+からFT8++へ....次世代WSJT-X ver.3.0に対する私の三つの提言

まるで毎日新聞の私の提言みたいなタイトルですがそういうことです。 WSJT-Xの2.0が正式リリースされ、世では、…

究極のSDR、HamSphereからメリークリスマス!!

この秋、ついにロングパスが実装されたといふHamSphere、今年最後のニューズレターが届きました。 HamSph…

ページ上部へ戻る