プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

日本医師会とJARL理事会と ~ 2020年JARL選挙に見る、「他人のカネだ、使っちまえ!」のこと

 

先週、定期の血液検査のために病院に行ったら新型コロナ回避のためにガラ空きでした。

これは不要不急な年寄りが居なくなったためであり、開業医やってる同級生によると、延長が繰り返されている高齢者1割負担が無くなったら客が激減して営業がやっていけないので毎年ビクビクものとの由にて。

 

また、昨年暮れのニュースでは、

受診時定額負担、政府見送りへ 与党や医師会の反発受け・・・朝日新聞

受診時にわずか100円のワンコインを払う制度が日本医師会の猛反対で未だに実現せず、医療の財政破綻に突き進んでおります。

 

このことを踏まえて今回のJARL役員選挙を見ますと医師会の態度といっしょ、JARLの破綻を防ごうとなさるかたが落選し、会員ファーストを掲げる、「このままで良いんじゃないすか?」というかたがたが当選されております。

そりゃ当たり前で、JARLの改革なんてやられた日には、QSL転送サービスは悪くなるし、会費が値上げされるのも必至、

高齢者が大部分のJARL会員さんとしては、どのみち10年保てば良いので現状維持を選ぶのは当たり前でしょう。

 

むろんわたしも守旧派を支持するので、医療で言えば、高齢の父親を医者に遣らせてムダに病状を訴えさせ、イソジンやアリナミンなどの市販薬を格安でもらってきています。

これがJARLじゃなくて日本医師会の役員選挙で、もし自分が医者だったら、「医療改革のために患者全員を5割負担にする!」なんていう公約を掲げる候補者にはぜったいに投票しないでしょう?

 

・・・わたしの主治医は言っています。

 

「他人のカネだ、使っちまえ!」

と。

 

参考:

日本の電子QSL化について考える ~ JARL2020選挙有志の考えに鑑みて

 

JF2IWL ホームページへ戻る

関連記事

TISZA CUP international HF competitionが開催されます

Hungarian Radio Amateur Societyからのお知らせです。 TISZA CUP inter…

対日戦勝記念局・GB75PEACEが出ています

イギリスだって極悪非道なことをしておいてどうかと思いますが、5月のVEデイ記念にひきつづいて、同じコールでVJデイの記念…

BATAVIA FT8 CONTESTに出ました

状況がシャレになってない中でのフィールドデーコンテストが開催されている中、表題のコンテストに出ました。 結果は14…

ハリケーン・イサイアスがフロリダを襲う

大西洋ではたいへんなことになっているようで(外電が入らないのでちっともわからん)、ARRLでも Hurricane…

YOTAオンラインの動画が公開されました

だそうです。 https://www.youtube.com/hamyota わかもの応…

ハリケーン・ハンナがテキサスを襲う

我がJAでも、「避難勧告」というのは無しにして、「指示」にするような話も出ておりますがARRLからのお知らせです。 …

JARLの高尾会長さん、JARLコンテスト委員会の決定を無視してしまう

JARLコンテスト委員会が、 第63回フィールドデーコンテスト規約 JARL主催コンテス…

FCCが違法ドローンに対して300万ドルの罰金

ARRLによりますと、 FCC Fines HobbyKing Nearly $3 Million for Mar…

インドネシア連盟・ORARIが創立52周年行事をやってます

あちこちに「Ke-52」と書いてあるのがどうしても解らなかったのですが、 52 tahun ORARI bangg…

マルチバンドEFHWアンテナのカウンターポイズについて

いわゆるEFHWアンテナについて、VE9KKが興味深いことを書いています。 Revamping the Endfe…

ページ上部へ戻る