プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

IC-705の登場で俄然存在意義を増したエレクラフト・KX2でSOTA活動を始めてみよう!!

 

Be Active !

・・・といふことで、昨年のアマチュア無線界、最大の話題をさらったIC-705でありますが、熱が冷めてくるにつれ、持ちにくいよな、重苦しいよなお姿に対して魅力が薄れてきたように個人的には思います。

デースターなんか要らないのに。

 

そんなところに俄然レーゾンデートルなのがエレクラのKX2でして、出られるバンドは3.5メガ~28メガではあるものの小さくて軽い!

内蔵ATUが付いている、消費電力も少けない、10ワット出せる、というので改めて魅力を増してきているのであります。

 

ではKX2のお値段はおいくらかしら?と見てみますとKX2 Shack-In-A-Boxというお手盛りセットが、

 

 

これだけ付いてたったの$1,295.60なのであります(ATUのことを考慮したらIC-705と同程度の価格なのではないか?)

 

で、これで何をやるかちゅうと、

 


 
 

SOTAだすよねー、、

・・・というのでSOTAのページに行きますと我らド山奥の岐阜県には全国でも有数の270ほどものポイントがある。そしてアクチベートされてないところが多数です。

 

せっかく飛騨というナイスな山岳ゲレンデがあるのに家に閉じこもっててはもったいない、

アイコムさまのおっしゃるとおり、「活動的であれ!」、と、では、エレクラの値上げ前にKX2セットを買って山登りでもするか!!、、

 

、、と思いましたがクマは出没するし、遭難しそうだし、やっぱ面倒なんで止めました。

 

FT-857D買って湯けむり移動でもやるかなー。

 

参考:

IC-705の登場で俄然存在意義を増した移動・モービル機としてのFT-857Dについて (アメリカよりディスコンのウワサあり)

 

JF2IWL ホームページへ戻る

関連記事

SDRplayとN1MM+で、あなたも簡単にWaterfallバンドマップが実現できます

世はIC-7300を始めとしたバンドスコープが各社花盛りですが、みながハズキルーペを使っている老眼のおり、あんなちっちゃ…

ヘンリー王子のカナダ移住に合せて、プリンスエドワード島が正式に新たなセクションとされました

揉める英国王室と揆を一にして、 Radio Amateurs of Canada Announces a New …

Morse Runner DXCC Challenge 12mb 2020/01/25

50WPM 130Q/30min. = 260Q/h Total QSO = 56,8…

IBP Beacon 2020/01/24

SFI=71 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=300km/s Spotless Days Cu…

フィリピンアマチュア無線連盟・PARAの選挙で電子投票が行なわれる

先に火山が大爆発したフィリピン、そのようすはどうかなー?と見に行ってみますと、 VOTE NO…

第1回マレーシアDXコンテストが開催されます!!

このところアジアの振興が著しいですが9MDXCからのお知らせです。  Malaysia DX Contest 20…

Morse Runner DXCC Challenge 12mb 2020/01/24

50WPM 145Q/30min. = 290Q/h Total QSO = 56,7…

IBP Beacon 2020/01/23

SFI=71 SSN=0 Kp=3 Solar Wind=320km/s Spotless Days Cu…

ついにDXCCチャレンジ2500を達成しました!! ~モールスランナーでDXCC遊び、ひとまず完結編

やっとでひとつの区切りです。 約2年間、56,567QSOやりこんでの成果です。 結果:…

12月のYOTA月間が世界的に大成功をおさめる

今回から北米やアメリカでも始まったYOTA活動、 YOTA Month Reported a Success in…

ページ上部へ戻る