プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

カリフォルニアでバクダン低気圧と気候変動とJARLのアンテナアンテナ第三者賠償責任保険と ~ もはやアンテナなんて上げてられない世界状況について

 

なんでも太平洋の向こう側、カリフォルニアでは、

 

 

いままで見られなかった爆弾低気圧が発生したようで。

時を同じうしてコロラドのKE0OG、デイヴおじさんのところでも、

 


 
 

ウェットでヘビーな雪が積もりHEXビームがメタメタになつたようです。

HEXビームは復元力があるのでいちおう元に戻るのですが、だがしかし、ダメージは避けられないので、ビデオの最後に再建の寄付を求めて居られますから、心あるかたはサポートしてあげてください。

 

・・・飜って我がJAのことを考えてみても、近年は南岸低気圧が関東を通り~オホーツクで大発達し、重もーい雪が降り、しかも強風が吹く事例が多発しています。

いままで雪の無かったところでも降る可能性が充分にあります。 着雪したアンテナに風が吹いたらどうなるか?は自明でしょう。

 

・・・ニュージーランドではこの1日にアマチュア無線のタワーが倒壊し、ひとりが閉じ込められたという報道がありました。

 

ニュージーランドでアマチュア無線のタワーが倒壊、ひとりが閉じ込められる

 

折りしもアンテナ第三者保険の〆切りも盛んなおりでありますが、事故が起る前に行動を起こされたほうが良いと思いますが如何か。

 

参考:

秋のダンシャリ祭り第1弾 ~ 台風15号で市原のゴルフ打ちっ放し練習場の鉄塔が倒壊に学ぶ ~ JARLのアンテナアンテナ第三者賠償責任保険の実効性とタワー・アンテナ撤去のプロセスについて

 

JF2IWL ホームページへ戻る

関連記事

QCXに50ワットリニアアンプが出ましたよ!!

最初出たときに大反響を呼び、いまではJAでも多数のファンが居られるQRP-LabsのQRPトランシーバキット・QCXであ…

水晶谷でハムフェストがやってるよ!!

個人的にはデイトン行くより、こっちのほうがアメリカンで楽しいきがしますが。 QuartzFest 2020, ce…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/22

50WPM 138Q/30min. = 276Q/h Total QSO = 56,4…

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

ページ上部へ戻る