プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

あきらめてませんか? ~ ツルンツルンのお肌になってしまったお日様の年間太陽無黒点割合がついに74パーセント台に落下!!・・・シミソバカスには肌代謝を改善するハイチオールCホワイティアがオススメ です

 

いまテレビCMの中でもっともハバを効かせてる商品として、毎日のシジミ習慣などとともに、

 


 
 

鈴木京香さん等が出演なさるシミソバカス関連のコマーシャルが実に多い、とくにお年寄り向け。

で、鈴木京香さんは、「肌の生まれ変わりは6週間!」とか言って居られますが、11年で新陳代謝するところの太陽のシミソバカスである2019年、太陽黒点無し日数が、

 

 

去る10月18日、ついに74パーセントまで落下しました。

 

ひまでヒマでしょうがないヒトはエクセルなぞで計算なされてみればわかりますが、もし太陽の赤道自転周期が27日だとしたら76パーくらいは行くだろうことが予想されます(今年の太陽黒点出現日数は今のところ77日)。

これは悪かったと言われた前のサイクルを大きく超えるものであり、SFIも64なんていう値を叩き出しています。

 

お肌がツルンツルンということは、若くて艶やかな明るい未来の証であり、本来は歓迎されるべきものですが、昨今はFT8なぞといふヘタにS/Nの良いモードが出てしまったのでオチオチしておれず、

、、毎日毎日、サルみたいに追っかけなされているご老人のかたも多数なようでご愁傷様です。

 

FT8文明なんか無かったら、もっと人間らしい、文化的かつ教養的な、有意義な人生が送れただろうに。

 

参考:

日本年金機構みたいになってきた太陽黒点数

 

W1AWが生誕150周年とJA1AAが生誕100周年 ~ 第1回WW Digiコンテストに見る、科学と進化論とダーウィンの敗北について

 

JF2IWL ホームページへ戻る

関連記事

200Wを超える局の「JARDスプリアス確認保証」におけるALPHA-77DXの立ち位置について

ただいま、 <対象となるリニアアンプのリストを掲載>JARD、200Wを超える局の「スプリアス確認保証」を7月1日…

ARRL FDにおける、スモールホームステーション・N5DUにおけるおっさんオペの様子

今年のARRL FDはホームステーションからの運用が推奨されていましたが、N5DUステーションからビデオが届きました。 …

2020年のARRLフィールドデーに出ました

表題のコンテストに出撃しました。 このイベントの主な目的は非常通信であり、さらにことしは特別、おうちからのQRVが…

「昼カラ」クラスターと、JARL主催コンテストは通常開催へ!

揉めに揉めまくっている我がJARLさまでありますが、では、高尾会長さんは現在、どうなさっているのだろう?とブログを覗いて…

フィールドデーに向けて ~ ARRLの会長さんから声明が出されました

ただいま大もめ中のJARLではなくてARRLの会長、K5URからのメッセージです。 ARRL President …

RCWC 4 SEASONS – 2020 contestのサマーステージが開催されます

R-CW-C(ロシアCWクラブ)からのお知らせです。 RCWC 4 SEASONS - 2020 contest …

RAC Canada Dayコンテストのお誘い

RACからのお誘いです。 RAC Canada Day Contest Rules 2020・・・RAC &…

ジャカルタが493周年記念局 8A493J, 8A493JP, 8A493JU, 8A493JB, 8A493JS, 8A493JT

こりゃまた中途半端な年数で。 Special Call HUT Kota Jakarta Ke 493 Tahun…

マルコニメモリアルコンテストへのお誘い

thanks for joining "Marconi Memorial Contest HF CW" in the p…

ロシアとウクライナの妨害電波合戦が祭りに

JARLさまが、まーたしても裁判沙汰やってるころ、ロシアとウクライナが、 Russian-Ukrainian ra…

ページ上部へ戻る