プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

DXCC チャレンジがついに2000を達成!! および10バンドWAZアワードを完成しました ~ モールスランナーをツインランでDXCCアワードをこどもちゃれんじするぞ!!

 

秋になってからこんなよなこと↓を再開しまして、

 


 

ふたつのPCに入れたN1MM+にモールスランナー噛ませてLAN接続して2バンド同時ラン、 両聴きでひとりマルチマルチステーションをやるっていうのです。

今回は18メガと24メガでやりまして、

 

 

ついにモールスランナーDXCCチャレンジが2000を超えました。

 

10バンドWAZアワードも完成しまして(US-CQもLoTWで10バンドWAZチャレンジ作れば良いのに)。

 

 

ここまで要したQSO数は38,869QSO、

 

今回のNewは

 

 

1987年のFT0ZAでした。これで334カントリーcfmです。

スピードは両方とも43WPMで行い出現数は4とし、最高レートは30分で各100QSO = 合計400QSO/hが出ました。

 

右左で別々を両聴きやるっていうのは脳のクンレンに良いのか悪いのか知らんが、右で遅い局を取りながら左で速い局が呼んできたら速い方をサッと打ち返しまた右に戻るとか、

あるいは両方同時に呼んできたら片方は共感覚手法で、色で覚えて両取りするなどのハイテクが要求されます。

 

・・・現在、交互RUNの2BSIQが世界最新のコンテストテクノロジーとされていますが、実際のコンテストで行わなくても、シミュレーションでツインラン訓練するとコンテストモールス取りが上手くなるのは確実です。

そして何よりアンテナもリグも不要なのがうれしい。

 

ですがイイカゲン疲れたので、シングルRUNに戻して160mバンドからやり直し、モールスランナーDXCCチャレンジ2500を目指します。

 

残りカントリー= BS7 , BV9P , KH1 , KH8S , P5 , YV0

 

参考:

次回 2020年のKCJコンテストに向けて ~ DXLog.netで2BSIQのクンレンを始めました

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

Morse Runner Twin Run 2019/11/21

Left=30mb 96QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/20

SFI=69 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

さあ!世界を広げよう ~ DXエンジニアリングが太っ腹な秋冬バージョンカタログを無料配布してますよ!!

IC-7300であっという間に市場破壊されてしまい皆が困っている現状、我等がK3LR率いるDXエンジニアリングからのお知…

HamSphereのオータムンニューズレターが出ましたよ!!

なぜか自動契約更新になっていて先月30ユーロが自動的に引き落とされていましたがお知らせです。 HamSphere …

Morse Runner Twin Run 2019/11/20

Left=30mb 97QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/19

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=330km/s Spotless Day…

冬将軍とトロイカ体制とオールUA0チャンピオンシップと ~ 母なる大地のスラブアワードが三枚同時に届きました ~冬のダンシャリ祭り第1弾

やってまいりました冬将軍! わたしんちはすでにタイヤも換えて万全の…

世界に躍進する5MHzバンド

日本ではJARL内紛騒動ばかり繰り返し、すでに誰からも見放されたこのごろ、 Access to 60 Meters…

Morse Runner Twin Run 2019/11/19

Left=30mb 95QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/18

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

ページ上部へ戻る