プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

栄誉をたたえる2019年ALL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト

 

純粋なSDRにするといふのはとっても良いことでボタンひとつで気軽にスイッチONできない、

PC立ち上げからの起動が面倒なので出ませんでした。  「武士道とは、刀を持ちて刀を抜かず」みたいな感じ。

けだし、最初に出たのが遠い昔の1999年、そして10年前、ちょうど2009年にF35部門で栄誉ある全国1位になつたことを思い浮かべますと、邯鄲の夢・胡蝶の夢なんていう言葉も浮かびます。

 

で、昨年の結果なぞ拝見しますと十年一日、まーだエリア別順位しか出してない(全国順位見るにはエクセルで並べ替えなきゃならない)、

いまだに「交信相手:国内局同士の交信が有効」とか言ってるし。。

「吾が国民の愚にして狂なること、何ぞ斯くの如くなるや」などと中江兆民みたいなことも言ってみたくなるぞ、、

 

・・・かといってDXコンテストしか出ないふうに戻るにはパワーが足らない、、

このあたりがダンシャリハムとカンバックハム、俗人と逸人の兼合いがむつかしいところではあります。

国内コンテストにはもう出ないだろうということを思い、同日開催、躍進する第1回YB DX RTTYにて、PDF賞状もらうべく2QSOして終えました。

 

==

同日追記:21JST、 JA0と大英帝国コモンウェルス始まった。

JAからみたRBNのようす。

 

 

3月の第2週は、ほかテスラメモリアルなどコンテストがてんこ盛りでわけわからんのですが、今年から必ず賞状がもらえて運が良ければ楯が贈呈されるYB RTTYに、とくにJAからかなりの数が流れたと見る。

当時は革新的だったJA0コンテストですが現在、相も変わらず10年、20年前と代わり映えのしないメンツしか居ないに比して、よい子のインドネシアについては新たにRTTY局も増えて、ますます賑やかになるでしょう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

横綱・白鵬が日本国籍獲得とYOTA-JAPANがわかもの無線電話相談室とARRLが次世代を指導について

貴ノ岩をカラオケマイクでゴリゴリ指導していた白鵬が、 横綱・白鵬、日本国籍取得へ・・・TBS こりゃ見事なウ…

RCWC 4 SEASONS 春ステージへのお誘い

春の遅いロシアでも、燦々と陽の光が輝く季節になりました。 RCWC 4 SEASONS - 2019 contes…

Morse Runner WAZ Award 80mb 2019/04/22

48WPM 116QSO/30min. = 232QSO/h Total = 595Q…

IBP Beacon 2019/04/21

SFI=70 SSN=11 A=4 K=1 SolarWind=~350km/s …

4X6TU/Bビーコンが帰ってきた!! ~IBP/NCDXFビーコンの現状と太陽黒点周期について

四~五日前から気づいてはいましたが、IBPビーコンコーデネータさんから正式にアナウンスがありました。 …

UA1DZ メモリアルカップへのお誘い

オールBYコンテストやってたらメールが届きまして、 The Association of St…

Morse Runner WAZ Award 80mb 2019/04/21

48WPM 123QSO/30min. = 246QSO/h Total = 481Q…

IBP Beacon 2019/04/20

SFI=75 SSN=23 A=4 K=1 SolarWind=~360km/s …

たったの60日でできる~ムチャクチャなQRMとQRNの中から微弱なモールスを取るための練習法

まるで60日間で英語がペラペラになるインド式英語法みたいな話ですがそういうことです。 時代は楽楽プリント方式のFT…

MFJ-1234 ~ RigPiリモートの魅力

型番からしてもMFJの現在のイチオシらしいのですが、   なんかごくふ…

ページ上部へ戻る