プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

電離層の姿かたちを追い求めて ~ 電離層を科学の目でマルチディテクタ コンピューテッド トモグラフィーしてみる ~

 

「おなかが痛いよう!」とお医者さんにいって、「じゃあちょっと中を見てみますね~♪」って、いきなりメスを取り出して腹を切り始める医者は居ないんで、ふつうは非破壊検査という方法で診断します。

 

まずは可聴域の音波を用いた聴診器でポンポン当ててみる、 ウルトラソニックな超音波エコーで見てみる、

周波数はだんだん高くなり、X線を用いたレントゲンで見てみる(いまどき胃癌をレントゲンで発見されてるようでは終わりですが)、

さらに突っ込んだ検査ではX線断層撮影するCTです。

 

では最新のCTはどうなってるのかな? と見てみますと、

CTの歴史は新たな時代へ・・・キヤノンメディカルシステムズ

あっと、東芝の名機 Aquilionがなぜかキヤノンの名前に、、、

 

だがそこはそれ、大人の事情もありましょうから擱いて、いまのCTって「世界で唯一の320列」ということで、320ヶものマルチディテクタであるわけです。

そりゃ毛細血管までもの精細な三次元画像の作成もできますよ。

 

・・・このことを同じく短波帯エコー診断しているJG2XA、8006kHzで見てみますと、9月2日の夜、前線が通過した瞬間、

 

 

15メガものEスポが発生し、一瞬で8Hzくらいもドップラシフトしてるわけです(なので短波帯ハイファイSSBやってるひとたちは衛星通信でハイファイやってるのと同じこと)。

 

この図は横軸に時間、縦軸は周波数(15Hzスパン)の絵ですが、電通大調布とわたしの家と、30年前の遅っそいシングルディテクタCTのようなシングル検知ですから平面でしか表せません。

これを320とまではいかなくても、全国に置いた、せめて16ヶの検知器で同時に見てみれば、三次元で動くダイナミックな電離層の姿を捕らえることができるだろうと思います。

(こんなもん3000円のRTLドングルSDRで簡単にできる)

 

・・・かつて電通大では6mのアマチュア無線のヒトたちの協力を仰ぎ、各地のそれぞれが同時に受信してEスポの姿かたちを見てみよう!という提案が出されたことがありますが誰も理解できずに計画倒れに終わったようです。

言うても6m屋のヒトたちはオツムがすこし足らないようなので仕方ないですが、アメリカのTAPRとNJITとが産学協同してまったく同じことをやろうとしているいま、

 


 

科学の目を持ってなくて残念でした、ということでした。

 

参考:

HF Doppler Study・・・Contest and Propagation study station JF2IWL

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

IBP Beacon 2020/01/19

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=290km/s Spotless Days Cu…

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

HSTの2020年大会はモンゴルで開催されるそうですよ!!

大相撲初場所もたけなわなころ、ついにHSTも東アジアに飛び出たようで、 17th IARU World High …

ページ上部へ戻る