プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

W1AWが生誕150周年とJA1AAが生誕100周年 ~ 第1回WW Digiコンテストに見る、科学と進化論とダーウィンの敗北について

 

よく、「生き残るのは強い者ではなく変化できるモノだ」、

、、なーんて知ったようなことを言うヒトも居られますが、 今回の第1回WW Digiコンテストは、これまで信じられてきたダーウィンの進化論と科学とが敗北した、人類のターニングポイントとなるべき記念碑的なコンテストとなりました。

 

・・・じつはWW Digiコンテストと時を同じうして、W1AWの生誕150周年イベントが開催されまして、

ARRL Announces “Happy 150!” Hiram Percy Maxim Birthday Celebration・・・ARRL

不肖、ARRLメンバーの一員であるところのわたくしも、JF2IWL/150のスペシャルコールでコンテストに出たのですが(そんなやつはアメリカにも居ないって)、

W1AW、Hiram Maxim氏の生まれたのは19世紀半ばの明治元年、1869年であります。  すなわちダーウィンの種の起源が書かれたと同時期である。

 

・・・そして1889年に開催されたパリ万博において、

 

 

「われわれ人類はこの地球上で最も優れているのだ!!」、という、 自信に満ちあふれた、進化論の象徴、科学の勝利の象徴としてのエッフェル塔がドデーン!と建てられました。

 

そのときHiram Maxim青年は弱冠二十歳、

アメリカは野蛮な新興国なんで、カネと地位のある家の若者は洗練された文化を学ぶためにヨーロッパ大陸に行かされるのであり、当然、かれもパリ万博を見ているでしょう(武器商人の子なので当たり前)。

そのときエッフェル塔を見上げる他の人々とともに、人類の進歩を信じ、科学の未来を信じたでしょう。

 

・・・だがそれは150年経ったいま、完全に打ち砕かれた。

 

参考:

神との契約と八百万の神とイニシエーションと ~ ARRLがDXCCやWASアワードにおけるオートマペ禁止の解釈と解決法について

 

W1AWが創設したARRLは、自らが産み出したFTモードの自律的進化について行けず、 無残にも、ついに敗北宣言を出すに至りました。

200万年のあいだ地上に君臨した人類がロボットに負けた瞬間です。 あるいは西洋哲学の敗北と言ってもよい。

(中でひとりだけ、ニーチェは、神はすでに死んでいることを道破しましたが)

 

、、とすると、ロボットの奴隷になった今後の世界はどうすりゃええの? といえば、むろん、人類よりも自然を上位に置く東洋哲学への回帰です、

具体的には老荘思想を学び直すとか源氏物語をいまいちど読むとか、 俳句をひねってみるとか茶の湯やるとか、

あるいは、学生が足らずに生涯学習を絶賛割引き開催中の花園大に入学して臨済宗を学ぶとか、仕事を途中でバックレて家に帰って寝るとか、、

とにかく西洋的なモノを排除し、富国強兵の明治の精神を捨て、もういちど東洋に没頭してみることです。

 

アポロ計画に顕著に見られるように、西洋哲学においては、自然とは屈服させるものですが、わたしたち日本人は、花鳥風月を友とし、自然と人間は同胞であるという、かつての考えに戻らねばならない。

(かといって金目教などのあやしい宗教に填まり、おまじないで病気を治すとかはダメですよ)

 

・・・明治元年にW1AWが生まれて150周年のことしは日本のアマチュア無線の嚆矢たる、JA1AA、庄野OMの生誕100周年です。

パリからの打電はちょうど半世紀遅れて日本に届いたのでしょう。

 

参考:

渋沢栄一の亡霊がうろついている ~ なぜ日本人はSDRを理解できなかったのか?に関する考察 その9

長岡技術科学大学の挑戦 ~ なぜ日本人はSDRを理解できなかったのか?に関する考察 その10

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/11/17

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=3 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

だんだんおかしくなっている芸術業界とフィンランディア賛歌と ~ 安倍首相の桜を見る会における公共事業斡旋運動とSARTG-WW-RTTY コンテストの賞状に見るフィン人気質について

かつて、「パトロンと芸人」という明確な図式のあった芸術の様相がおかしくなったのは市民参加型芸術の走りとも言える佐治敬三の…

ウクライナのアマチュア無線クラブ「ストーカー」が秋のパン祭りアワードを発行

毎度毎度、もっぱら身内的かつ精力的に繰り出す、ウクライナのストーカークラブでありますが、 Day activity…

Morse Runner Twin Run 2019/11/17

Left=30mb 92QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/16

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=2 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

人類の不幸を呼んだWARC-79から40周年 ~ WRC-19が第3週目に突入における、さらにドンドンと不幸になっていくアマチュア無線の現状と空き家問題について

日本ではサッパリ話題にされてないのですがARRLによりますと、 World Radiocommunication …

いますぐ効いてほしい便秘に ~ ソーラーサイクル25がゆっくりとひり出し中です

お日さまの、ちょっと南半球に黒点がまろび出たかと思えばすぐに消滅、 町のひとびとの間では、もはや自分の寿命までは来…

Morse Runner Twin Run 2019/11/16

Left=30mb 105QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/15

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Day…

いま再びnanoVNAの電波法違反について考える ~ 【速報】ラズベリーパイなどの「技適」のない機器の実験利用が可能に電波法改正における、新スプリアス規格リニアアンプとJARDのスプリアス保証について

なんも【速報】なんて慌てなくても良いのに。 【速報】「技適」のない機器の実験利用が可能に、電波法改正で11月20日…

ページ上部へ戻る