プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

VNA ベクトルネットワークアナライザはもう古い ~ これからはお菓子のホームランバー SWRインジケータの時代だ!!

 

かつて日本全国どこの学校でも、そのすぐ隣には駄菓子屋があった (まるで昭和レトロの老害じいさんみたいな書き出しだ)。

そこでは因業なばあさんがぼくたちよい子の小学生をアリ地獄みたいに待ち受けており、 授業時間には消しゴムを忘れたやつとかを魔の手で捕らえていたりしていたのですが、その本格的な活動は放課後の夕方に始まる。

 

他方、ガッコウ側でも「ペプシコーラは骨を溶かす」、「仮面ライダーチップスのカードだけ取って中身をドブに捨てるのは禁止」などの文言で制止しようとしていたのだけれど、そんなことをガキに言っても聞くわけがないんでムダだったようだ。

 

で、ちかごろのブームは中華VNAなのだそうで、やれナノVNAだのミニVNAだの、いい歳こいたおっさん連中が仮面ライダーカードよろしくワッと群がってるの、見ててなんだか恥づかしい気がします。

 

そんなおり、QSTの9月号では、

Mini VSWR indicator as reviewed by QST Sept 19・・・アマチュアラジオコム

だそうで、

 

 

これ、メイトーのホームランバーじゃないですかねえ。 銀色の包み紙がいっしょだもの。

 

 

 

遠い記憶を当ってみても、友達が当ったのは見たことがありますが、自分自身が当り引いたことは無いと思います。 またここでもダマされてたのか。

ともあれベクトルなんていう概念はもう古い、これからはスカラー量というか単なる数直線の時代になるのだろうと思います、

リアクタンスとかなんとか言っててもしょうがない、 SWRが2程度ならかまわないだろうよ。

 

・・・現代の駄菓子屋とも言えるアリババに群がる大人たちは、かつての小学生のガキと同じです。

閉塞した社会に疲れ、先の見えない未来に対する恐怖から精神が退行してしまったんだろうよ。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

IBP Beacon 2020/01/19

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=290km/s Spotless Days Cu…

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

HSTの2020年大会はモンゴルで開催されるそうですよ!!

大相撲初場所もたけなわなころ、ついにHSTも東アジアに飛び出たようで、 17th IARU World High …

ページ上部へ戻る