プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

ARRLがDXCCやWASでのFT8 オートマオペの禁止と、もっとコース上での追い抜きを! F1新レギュレーションを巡る駆け引き

 

immediately、言われましても、、こうなることは目に見えていたので、

ARRL Contest and DXCC Rules Now Prohibit Automated Contacts・・・ARRL

まぬけの見本みたいなもんですな。

 

だいたいがARRLの推進しているFT8は「オートシーケンス機能」っていうくらいで、そもそも本来オートマを目指してたのにオートマを禁じなければいけないという、二律背反パラドックス、

The rules now require that each claimed contact include contemporaneous direct initiation by the operator on both sides of the contact.

この文言における、「オペレータ」という概念が、きちんと定義されておらず、あいまいで、どうとでも取れる言葉なゆえに、今回のARRLの決定はザル法です、

必ずだれかに破られるでしょうよ (すでにわたしは自分のブログで駁論を書いてますが)。

 

参考:

WW Digi Contestに向けて ~ 「オペレータ」とは何か? についての奥深い考察

 

なんのことでも、ひとつのルールを作ると必ずアナを突いてくるやつが居るのは縄文時代から変わらないのであって、近代でいうと野球のルールがそうだし、

 

F1レースも同じく、

もっとコース上での追い抜きを! F1新レギュレーションを巡る駆け引き・・・集英社

「レースをより面白くする方法を模索してきたF1GPは、今季(2019年シーズン)に向けて、テクニカルレギュレーション(技術規定)の大幅な変更を行なった。~

マシンの空力は複雑化の一途をたどってきた。だが、前を走るマシンが引き起こす乱流(タービュランス)の影響で~以下云々」

ということになり、

「じゃあレースを面白くするためになら、空力を高め、同時にタイヤグリップをも高めるためには前輪を小さくして4ヶに増やしてやればいいんじゃねえか?」

って、故・ディレック・ガードナーが6輪自動車作ったりの祭りに、、。

 

ゆえに野球もF1レースもDXCCもWWDXコンテストも、ルールブックは膨大なドキュメントになり年々分厚くなるばかり、

だが膨大なドキュメントであるがゆえにあちこちで矛盾が生じ、穴もまた増えるという、うちの雨漏りみたいなイタチごっこ、、、

 

・・・かくの如く、アマチュア無線も含めてスポーツっていうのは戦争の代替品ですから、こうなってしまうことは、生き物のサガでどうしようもないです。

戦争が種を保存するための人類の手段だとすれば、FT4とかFT8とかオペレータとかなんとか、甲論乙駁揉めるのも、種の多様性の確保なんでしょう。

 

で、こちら側の対処法はふたつあって、自らも進んで荒波に突っ込んで行くか? or 逃げるか? のどちらかです。

自分自身はDXCCやアワードにかまってるよなヒマ人ではないので、DXCCアワードもコンテストの賞状も、全部ゴミ箱に捨ててバックレました。

 

8月23日追記:

ARRLのお触れの問題の箇所、direct initiation by the operator について、文化人類学的、宗教学的、法律学的に考察しました。 ARRLの言い分は無理筋なので、ロボット オートマオペはDXCCなどに無問題です(あくまで私見ですよ)。

 

神との契約と八百万の神とイニシエーションと ~ ARRLがDXCCやWASアワードにおけるオートマペ禁止の解釈と解決法について

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/11/17

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=3 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

だんだんおかしくなっている芸術業界とフィンランディア賛歌と ~ 安倍首相の桜を見る会における公共事業斡旋運動とSARTG-WW-RTTY コンテストの賞状に見るフィン人気質について

かつて、「パトロンと芸人」という明確な図式のあった芸術の様相がおかしくなったのは市民参加型芸術の走りとも言える佐治敬三の…

ウクライナのアマチュア無線クラブ「ストーカー」が秋のパン祭りアワードを発行

毎度毎度、もっぱら身内的かつ精力的に繰り出す、ウクライナのストーカークラブでありますが、 Day activity…

Morse Runner Twin Run 2019/11/17

Left=30mb 92QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/16

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=2 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

人類の不幸を呼んだWARC-79から40周年 ~ WRC-19が第3週目に突入における、さらにドンドンと不幸になっていくアマチュア無線の現状と空き家問題について

日本ではサッパリ話題にされてないのですがARRLによりますと、 World Radiocommunication …

いますぐ効いてほしい便秘に ~ ソーラーサイクル25がゆっくりとひり出し中です

お日さまの、ちょっと南半球に黒点がまろび出たかと思えばすぐに消滅、 町のひとびとの間では、もはや自分の寿命までは来…

Morse Runner Twin Run 2019/11/16

Left=30mb 105QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/15

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Day…

いま再びnanoVNAの電波法違反について考える ~ 【速報】ラズベリーパイなどの「技適」のない機器の実験利用が可能に電波法改正における、新スプリアス規格リニアアンプとJARDのスプリアス保証について

なんも【速報】なんて慌てなくても良いのに。 【速報】「技適」のない機器の実験利用が可能に、電波法改正で11月20日…

ページ上部へ戻る