プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

記念すべき第40回 KCJコンテストとRDAコンテストとSARTG WW RTTY Contest 2019

 

やってまいりました! テレグラファーたちが夏の覇を唱える甲子園、KCJコンテスト、 なんでもことしはお目出度い40回記念だそうで、おめでとうございます。

今回、記念としてQRP部門ができたということでQRPで出てみました。 20分前くらいから3.5メガでVVV打ってRBNの反応を見てみましたが、そこそこ強く行っているようです。

 

そして21JST、各馬一斉にスタート!!

で、開始から10秒で1QSO、大慌てでログ受付に大急ぎ!

 

 

 

昨年に引き続き、ログ早出し競争の世界一位の座を獲得しました!!

そしてKCJさまのログ受付表におかれては、コールサイン順にソートされること無く、1番なら1番のままで、最後までトップに居られることがとってもナイス。

 

・・・で、 次はロシアの全市全郡コンテストRDAです。 レアな地域に移動も盛んに行われるので、RDAマニアのかたには逃せないコンテストです。

こっちは15QSO、 で、モタモタしてたら、

 

 

 

EIの局(しかもチェックログ)に阻まれログ出し世界1位ならず、 残念!

 

次、本命のSARTG RTTYです。

今回の目的は、同時に開催されるWW Digiコンテストの模擬コンテストで、FT4とRTTY、FT8のSNRがどうなのか?を比較するのが主題です。

むろんRTTY45よりFTモードのほうが良いに決まってますが、理論と実際(バンドの混み具合)とかいろいろあってよくわかんね。

ただ、自分の運用するCW、RTTYスキマのSNRを見たり、RDAコンテストでのCWを耳で比較したりして、FT4モードは、死ぬほどカスカスなCWよりは良いだろう、ということを思っています。

 

そしてWW Digiコンテストの主催者が、

「人間のオペするCWやRTTYコンテストと違い、誤り訂正などがあって受信間違えは無いからスーパーチェックは不要」

などと盛んにヒキの宣伝しているのは本当のことであります。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

IBP Beacon 2020/01/19

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=290km/s Spotless Days Cu…

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

HSTの2020年大会はモンゴルで開催されるそうですよ!!

大相撲初場所もたけなわなころ、ついにHSTも東アジアに飛び出たようで、 17th IARU World High …

ページ上部へ戻る