プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

移動用に最適! !~ ほんのちょっとだけセンター外した、マルチバンド・オフセンター給電アンテナの魅力

 

ARRLさまからメールあり、「9月号のQSTが出ましたよ!」というので文面を見てみると、

 

* Inside this issue…*

* Build a slightly-off-center-fed dipole.

とある。

 

QSTはつまらないのでいつもパラパラ程度なんですけど、オフセンターフェッドダイポールでは過去さんざん苦労したので、今回、わざわざ見に行ったら、「ほんのちょっと」とは、45パーセント・オフセンター給電のダイポールとの由にて。

それが冒頭の図ですが、シミュ計算では7メガのSWRがちょい高いですか。 このあたりは調整次第(これが異常にむつかしい)。

 

で、45パーセントという微妙すぎるオフセットダイポールの可否ですけど、一般的な33パーとか20パーのOCFダイポール(ウインドムアンテナ)は、短いほうのエレメントを家(同軸引き込み側)にできる利点があるに対し、

今回の、ほとんどセンター給電なダイポールはふつうのセンター給電ダイポールと同じ、家の固定局用アンテナとしては、同軸の取り回し、使い勝手が良くないケースもままありそうです。

 

ですが、ふみたてくんを用い、給電ポールがクルマ(シャック)の真上に来る移動用としては、G5RVとかギボシとかマルチバンドトラップダイポールなどの複雑なのより簡便でナイスアイディアであり、

稿の結論に、「ARRL FDで使ってとってもよかった!」というのはその通りなのだと思います(ただしコモンモード電流でムチャクチャに回り込みしそう)。

 

・・・このアンテナ、筆者のかたは「S-OCFD」と名付けておられますが、 以上、さらに詳しくお知りになりたいかたはQSTをごらんください。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/11/20

SFI=69 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

さあ!世界を広げよう ~ DXエンジニアリングが太っ腹な秋冬バージョンカタログを無料配布してますよ!!

IC-7300であっという間に市場破壊されてしまい皆が困っている現状、我等がK3LR率いるDXエンジニアリングからのお知…

HamSphereのオータムンニューズレターが出ましたよ!!

なぜか自動契約更新になっていて先月30ユーロが自動的に引き落とされていましたがお知らせです。 HamSphere …

Morse Runner Twin Run 2019/11/20

Left=30mb 97QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/19

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=330km/s Spotless Day…

冬将軍とトロイカ体制とオールUA0チャンピオンシップと ~ 母なる大地のスラブアワードが三枚同時に届きました ~冬のダンシャリ祭り第1弾

やってまいりました冬将軍! わたしんちはすでにタイヤも換えて万全の…

世界に躍進する5MHzバンド

日本ではJARL内紛騒動ばかり繰り返し、すでに誰からも見放されたこのごろ、 Access to 60 Meters…

Morse Runner Twin Run 2019/11/19

Left=30mb 95QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/18

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

Ham Radio DeluxeでIC-7610のパナダプタが実装!! ~ いよいよ間近に迫りつつある、IC-7610における、ほんとうのダイバーシティ受信への道のり

先にK0PIRに、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/bf-2019-…

ページ上部へ戻る