プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

時代はSDRからスーパーへテロダインへ ~ TS-890徹底解説集を徹底的に読み込んでみる

 

それは今から5年前、2014年の2月2日のことでした。

 

たーまたまそのとき出張で東京にいて、

【動画】アイコム会長の特別講演「アイコムの50年<その1>」すべてはこの無線機から始まった~FDAM-1編・・・ハムライフ.jp

井上会長さんの特別講演(というよりも櫻井さんとの大阪漫才)を間近に拝見することができたのですが、会長さんは当時世界的な話題だったHilberling社のPT-8000Aを強く意識なされており、

「アップコンバージョンでまだまだ行ける」とのお言葉に、会場中の全員がズコー!とズッコケたのが懐かしく思い出されます(それはIC-7851として実現したのだけれど)。

 

そのときわたしはアイコムのひとに、「SDRは出さないのですか?」と訊いたのですが、「なんですのん?それ?」と、これまたボケられまして、

今から考えれば、そのときすでにアイコムさまでは、ダイレクトサンプリング機の開発がほぼ完了していたなんてことは誰も知らなかつたのであつた。

・・・そして明くる2015年、世界を震撼させたIC-7300の発売、 ~ その後のアイコムさまの躍進は皆の良く知るところであります。

 

 

で、自分がアマチュア無線用SDRというブツを初めて手に入れたのが2012年、AFEDRI.NETから。次、QS1Rでスキマ始めて、中国の野心的SDR・S9-Cの検証したり、RedPitayaでスキマ研究したり、実際に自作SDRトランシーバを作ったり、

果てはSDRを文学や歴史、産業史や思想史と絡めて考察したり、よーくべんきょうして理解に努め、机上のリクツだけ並べ立てるひとびとが多い中で、実践も充分にしてきたつもりです。

 

そしてその間、たくさんのアマチュア用SDRが花盛りになり、いまや出尽くした感、季節外れの感があります。

そんな雰囲気の中で、

<PDFでダウンロード可能>JVCケンウッド、Webサイトで「TS-890徹底解説集」を公開!!・・・ハムライフ.jp

 

つまり、「歴史は廻り、いま再びスーパーへテロダインの時代がやってくるのだろう」、と、TS-890の徹底解説集を徹底的に読むべくダウンロードしましたら、ケンウッドさま渾身の96ページもの力作であり、開始からわずか数ページ、ルーフィングフィルタくらいのところで力尽き果てました、 すみません。

 

そんなよなことですが、このたび我が家に新入社員さんがやってまいりまして、

 

 

 

徹底解説集ではTS-890さまとコンビで、吉本興業でいうなら紳助・竜介の竜介役、タダの送信部分にされてしまっている、かわいそうなよい子のTS-590Sさんが約5年ぶり、2度目の登板です。

最初ヤフオクで8万円で手に入れてヤフオクで8万円で売り払い、まーた8万円で買っているというのがアホかと。

 

で、液晶も消灯して真っ暗にしてしまい、何をやっとーか?ちゅうと、

 


 
 

すばらしく美しいトリオトーンで電通大・JG2XAのHFドップラ見るためだけに仕入れたという、、

(SDRで見るとWFがどうしても滲んで汚いのに我慢がならなかった)

 

あー、もったいない。

 

その後追記:

受信だけではもったいないので送信もできるようにシステム組みました。

 

浅間山の噴火と「いざ鎌倉!!」 ~ TS-590の送信システムを構築しました (CWOPs Mini-CWT 2019年8月第2週)

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

民主主義について考える ~ 菅内閣の発足とJARL高尾会長さんの行く末について

世では菅首相がなんとかかんとか騒がれていますが、われわれ下々のものにとってみたら、カネさえばらまいてくれればそれで良いで…

国勢調査がやってきた! ヤァ!ヤァ!ヤァ! ~ QSLカードは紙で出しましょう!

なんもわざわざ厄災の年にとも思いますが、うちにもちゃんと来ました。 で、とうぜん推奨形式のインターネットでなんか、…

ついに出た! IC-705専用のオートアンテナチューナー mAT-705の実力について

MATチューナー社のBG3MZUからのお知らせです。 お値段は3万円ほど、 本家のを待…

JARL正常化プロジェクトにおける、「正常化」ってなんだろう??

最近になって知ったのですが、 JARL正常化プロジェクト(「2020年JARL社員総会情報」改…

キュレーターとしてのキュレーションメディア

ハムライフさまが、 <総務省の最新データベース>無線局等情報検索(8月10日時点)、アマチュア局は1週間で383局…

オーストラリアでコールサインがチェンジ

リンク先を読んでも意味がいまいちわからないのですが、 Call sign changes in…

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile・・・DXワールド そうですか、あれか…

いよいよ出るのか? IC-705のアンテナチューナー&エレクラフトK4

アイコムさまがプラチナスポンサーであるところのヴァーチャルハムエキスポ、 QSO Today Virtual Ha…

インドネシア独立75周年アワードが始まります!!

インドネシア連盟・ORARIからのお知らせです。 The Diamond 75 Years Republic In…

は?は??! NHKがチャンネルを削減~AMラジオを一元化???

は??? NHK、BSチャンネル削減発表 AMラジオも、次期計画案を承認・・・共同通信 ラジオはAMとFM…

ページ上部へ戻る