プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

ADコンバータのビット数の違いによる、SDRの受信性能の違いについての定量的比較測定研究結果

 

2020年JARL選挙や、参院選で有象無象の野党が結集などの形而下なことにはかまっておられないので、先月に行った、「CW SkimmerによるSDRの定量的比較試験」の結果を出しました。

測定条件はこちら↓

 

IARU HF ChampionshipにおけるADCのビット数とダイナミックレンジと年金破綻との関係について

 

RedPitayaの6マルチバンドSDRレシーバの10ビット版、14ビット版を、同一条件にて、アクティビティもあまりない平日の5日間、および、強力な信号が林立するIARUチャンピオンシップの24時間について、CWスキマーを用い、ふたつのシーンで比較しました。

検証方法は、捕捉生ログをSH5コンテストアナライザに掛けて行いまして、、

 

結果

(1)平日の5日間

10ビット版

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_red_pitaya_10bit_weekdays_cw_skimmer_reception_report_jf2iwl_s/

Start date 08-Jul-2019 00:00
End date 12-Jul-2019 23:59
Participation time 119:59 (7199 min.)
Break time 34:53 (2093 min., 29.07 %)
Operating time 85:06 (5106 min.)
QSOs 5,124
捕捉したSNRの算術平均=15.55dB

 

14ビット版

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_red_pitaya_14bit_weekdays_cw_skimmer_reception_report_jf2iwl_s/index.htm

Start date 08-Jul-2019 00:00
End date 12-Jul-2019 23:59
Participation time 119:59 (7199 min.)
Break time 35:47 (2147 min., 29.82 %)
Operating time 84:12 (5052 min.)
QSOs 5,140
捕捉したSNRの算術平均=15.55dB

 

 

(2)IARUチャンピオンシップ(24時間)

10ビット版

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_iaru_hf_cw_skimmer_result_by_red_pitaya-10_jf2iwl_s/index.htm

Start date 13-Jul-2019 12:00
End date 14-Jul-2019 11:59
Participation time 23:59 (1439 min.)
Break time 00:00 (0 min., 0.00 %)
Operating time 23:59 (1439 min.)
QSOs 7,483
捕捉したSNRの算術平均=16.22dB

 

14ビット版

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_iaru_hf_cw_skimmer_result_by_red_pitaya-14_jf2iwl_s/index.htm

Start date 13-Jul-2019 12:00
End date 14-Jul-2019 11:59
Participation time 23:59 (1439 min.)
Break time 00:00 (0 min., 0.00 %)
Operating time 23:59 (1439 min.)
QSOs 7,713
捕捉したSNRの算術平均=16.22dB

 

考察

まず、平日はまったく違いはありませんでした。

捕捉SNRを小数点以下ふた桁まで出したのは、かつてドイツのスキマ局が、10ビットと14ビットでは数dB違うと言ってたのですけどそれはウソであり、

試験中、ずっと目視していて、ひとつひとつの局について、まったく違いがなかったことを言いたいためです(違いあっても誤差の1dB)。

 

で、問題は、IARUチャンピオンシップにおける捕捉数、10ビット版=7,483局、14ビット版=7,713局という数字をどう見るかですが難しい。

いくら世界的コンテストつったって平均SNRが平日と1dBも違わないでは、「多数の強力信号が林立する、SDRにとって過酷な条件」とは言えないでしょうが。

「ひょっとして違うかも知れないねえ」、としか言えません。

 

・・・かつてアイコムのダイレクトサンプリング機が出たとき、世間で、「ADCのビット数がー!どうしたこうした!」騒いでるのを傍から見てて、アホか、思ってましたが、上記、CW Skimmerを用いた定量的試験により、いっこう変わらないことが見て取れます。

支配的なのはやはりフロントエンドとソフトウェアの出来です(FTDX-101DXがハイブリッドSDRというのは、直前で9メガに落とし、ギチギチに絞るための工夫)。

 

あと、ダイレクトサンプリング機はADCが破綻するからどうこうおっしゃるかたも居られますが、RedPitaya SDRについては、かつて一度も破綻してドバー!いうことはありませんでした。

アメリカのFlex社もADCのオーバーフローなんか気にしてませんし、たかがシロウト無線のリグ程度に、日本のヒトたちは神経質すぎるんじゃないですか?と思います。

 

参考:

IC-7610のOVF点灯問題における、エンゼルス大谷翔平とエスカレーターアナウンスについて考える ・・・JF2IWLブログver.2.0(2018年4月3日)

 

2018年11月26日

大阪万博とルーフィングフィルタと不破の関と・・・QRP SDR機で参戦する( WW DX CWコンテスト 2018 )

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/11/20

SFI=69 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

さあ!世界を広げよう ~ DXエンジニアリングが太っ腹な秋冬バージョンカタログを無料配布してますよ!!

IC-7300であっという間に市場破壊されてしまい皆が困っている現状、我等がK3LR率いるDXエンジニアリングからのお知…

HamSphereのオータムンニューズレターが出ましたよ!!

なぜか自動契約更新になっていて先月30ユーロが自動的に引き落とされていましたがお知らせです。 HamSphere …

Morse Runner Twin Run 2019/11/20

Left=30mb 97QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/19

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=330km/s Spotless Day…

冬将軍とトロイカ体制とオールUA0チャンピオンシップと ~ 母なる大地のスラブアワードが三枚同時に届きました ~冬のダンシャリ祭り第1弾

やってまいりました冬将軍! わたしんちはすでにタイヤも換えて万全の…

世界に躍進する5MHzバンド

日本ではJARL内紛騒動ばかり繰り返し、すでに誰からも見放されたこのごろ、 Access to 60 Meters…

Morse Runner Twin Run 2019/11/19

Left=30mb 95QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/18

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

Ham Radio DeluxeでIC-7610のパナダプタが実装!! ~ いよいよ間近に迫りつつある、IC-7610における、ほんとうのダイバーシティ受信への道のり

先にK0PIRに、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/bf-2019-…

ページ上部へ戻る