プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

尻切れトンボになりがちなFT8でのQSOを、完全確実に73をもらう方法

 

FT8モードがポピュラーになって久しいですが、街の声を伺いますと、潰されて自分への73が見えない!の魂の叫びが多数聞かれるようです。

そこで不肖わたくしが、確実に73が見える方法をこの場で伝授いたしますので、

 

方法はごく簡単でして、

 

 

インターネットで、向こうの現地近くのWebSDRを手元のWSJT-Xで見るだけです。

(上図はARRLのフィールドデーにおいて、カリフォルニアのWebSDRに接続して見たもので、こっちでの実際のオペレートでは73が見えず、バカみたいにRRRを送り続けている場面が多数でした)

これでバッチリ、確実に自分への73が見えます。

 

で、このことを、「それじゃ1Wayのズル交信じゃないか!!」、と怒ってはなりません。

じゃあClubLogなどのオンラインログは1Way交信ではありませんか?

 

「わーい!合格だった!」とかおっさってるの、時間は多少遅れるけれども、不確実な交信をオンラインで確認する点においてはWebSDRと同じです。 DXAなんかは完全にリアルタイム1Way通信です。

(ちな、世界に散らばるWebSDRやKiwiSDRをインターネットで自宅の送信機と繋げてトランシーブさせ、あたかもローカルレシーバとして使う、DJ0MY局開発のCATSyncはこちら→ https://catsyncsdr.wordpress.com/ 価格=9.95ユーロ)

 

・・・上記のことはDXCCでズルこくとか詭弁とか倫理とか道徳の問題ではありません。

かつてヘルツとかテスラとかマルコニとかによって発明された無線通信から100年が経ち、エイちゃんがスカイラインを浮かれ手放し運転するようになり、

来たるべき東京オリンピック自動運転社会にむけて、総務省においては、「じゃあそのクルマの通信機器は誰の無線従事者免許の元で、局免はどこにあって誰がどこでオペレートしてるんだよ?」等の諸問題で修羅場状態、

また、

 


 

農水省では、痴呆創生、追い出し部屋や老人の受け皿として、ICT技術を応用した農林水産業を強く推進している折り、

(「あふてらす」の「あふ」とはアグリ、フォレスト、フィッシュの頭文字なんださうです。ばかみてえ)

 

・・・これまでの常識を覆すコペルニクス転回的事例がドンドン起こってきますから、歴史を振り返り未来を展望して、よーく考えてみるのも良いかもしれません。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブーベ3Y0Iチームが南の島に極楽旅行

何をやりたいのかよくわからないですね。 3Y0I Bouvet Island  Updated2020-02-18…

RSGBの毎月FT4スプリントコンテストが開催

昨年3回開催されたRSGBのFT4スプリントコンテストが毎月開催になったようでこちら↓ RSGB FT4 Cont…

アジア初 ~ タイでYOTA大会が開催!!

Welcome to YOTA 2020 ということで、IARU.Reg3で初のYOTA大会が…

第2回 YB DX RTTYコンテストが開催されます

YB DXグループからダイレクトメールが届きました。 YB DX RTTY Contest https://…

ハムカレッジがいよいよエクストラクラスへ

ハムカレッジのエピソード61は、いよいよエクストラクラスです。 家にヒキこもってないでIC-705で活動的になりなさい。…

トルコの地震で電離層は持ち上げられたのか?についての考察

去る1月24日にトルコで発生したマグニチュード6.8の地震にて、 Did Earthquake…

アメリカ大統領選とARRL会長選挙とJARL理事選挙と ~ スーパーチューズデーに向けてのアツイ戦いが始まりました

やってまいりましたアメリカ大統領選、 今回は民主党から誰がまろび出てくるか?が眼目のようですがどのみちトランプに勝てるわ…

ARRLのバンドプランニングを議論するリフレクタが開設されました

先に、バンドプラン問題が表面化したARRLにおいて、各局の議論の場としてリフレクタが設けられました。 ARRL H…

旗本退屈男~ナゾの暗殺隊の巻 (2020年春のダンシャリ祭り第5弾・ブログ編)

退屈じゃ退屈じゃと、退屈まぎれに罷り越せばこの始末」、「ええい、この眉間の傷が目に入らぬか!」~天下御免の向こう傷! ん…

沈没したタイタニック号の無線通信装置を回収する計画

なんで今ごろそういう話がでるのか? 新型コロナウイルスで豪華客船が注目を集めているからなのか? …

ページ上部へ戻る