プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

飛びます!飛びます! IBPビーコン ~ View propagation of Beaconsサイトを作りました

 

東北大震災の前日に坂上二郎が亡くなってから早いものでもう8年になります。

そこで、国際ビーコン(IBP/NCDXFビーコン)の飛びを見るサイトを作ってみました。

View propagation of Beacons・・・JF2IWL

 

これは何をやってるかちゅうと、CW SkimServを用いてRBNやりながら同時にビーコン捕捉しているスキマステーションが、現在、世界各国で約30名おるのですが、それらスキマがビーコンを捕捉した瞬間にDXアトラスにマッピング・可視化されるものです。

28メガについてはEスポを見るため、世界各地に配置されている10メータービーコンをも入れ込んでいます(世界の10mビーコンリストはこちら)。

せっかくなので世界のfoF2マップも併記しています。

 

一瞬で世界を飛ぶラインをボケーと眺めていると、グレイラインパスとか赤道横断南北パスなど、実にしみじみと味わい深い、見ていて飽きないのですが、いまのトレンドはEスポなので、ヨーロッパにEスポが出るとこんなかんじ。

 

 

ビーコン捕捉に協力しているスキマメンバー表と、前日の捕捉実績はこちら。

IBP-RBN Challenge!・・・IBP Beacon

 

で、ビーコン捕捉に参加してるスキマはEUやアメリカばかりなので、SkimmerTalkリフレクタにて、「こんなもん作ったで、みんなしてやらまいか!(こんなの作ったから皆でやろうよ!)」、、、

と飛騨弁で呼びかけたところ、IBPビーコンコーディネータであるVE3SUN、Peterおじさんからリプライあり、

同IBPビーコンスキマ・チャレンジページにて、

 

 

Current beacon reportsとして無断で掲載されてしまっていました。 短期間のちょっとの遊びのつもりだったのに、これじゃ止められないじゃないか。

だがこうなったらしかたねえ、IBPビーコンに己の人生を捧げた者(dedicateと言いますな)として覚悟を決め、できる限りにやる所存でおります。

 

*なお、ホンコンのVR2B/Bは、激化する仁義なき中国v.s.香港の抗争(?)などの理由(?)で昨年の終わりからストップしています。

この時期、Eスポのとっても良い指標なのに、なにやってんだかなあ。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

アパッチ社の高性能SDR・ANDROMEDAが絶賛予約中です!!

ごく一部で話題になつているようですが、 ANDROMEDA 100W HF & 6M SDR Transc…

岐阜 高山 全域に避難指示 ~ アマチュア無線の自由と避難の自由について

大雨で各地、たいへんなことになっていますが、我が町でも、 岐阜 高山 全域に避難指示・・・NHK  …

RedPitayaに外部クロックを追加する

ただいまRBN-OPSのMLで祭りになってまして Frequency Calibration of RBN Nod…

IBPビーコン捕捉用のFT-840をぶちこわしてしまいました

やっちまった。。。 ひさびさにコンテストに出て(DL-DX RTTYとマルコニメモリアル)、気…

青春の夢のリグがもらえる!! The Intrepid-DX Groupがアマチュア無線のエッセイを募集しています

夢のリグ?というとIC-7851ですが、それがIC-7300だったからといってガッカリしてはいけません。 &nbs…

アメリカ独立記念~13コロニーのスペシャルイベントが開催中です

このイベントでデラウェアをゲットしよう!、というのは中々難しいです。 13 Colonies special ev…

ARRLが新版のエクストラクラス試験のマニュアルを発売

ARRLからのお知らせです。 New Amateur Extra Class License Manual and…

フィールドデーコンテストの日程変更についての意見募集中です

JARLコンテスト委員会さまからのお知らせです。 JARLコンテストの実施時期についての意見募…

200Wを超える局の「JARDスプリアス確認保証」におけるALPHA-77DXの立ち位置について

ただいま、 <対象となるリニアアンプのリストを掲載>JARD、200Wを超える局の「スプリアス確認保証」を7月1日…

ARRL FDにおける、スモールホームステーション・N5DUにおけるおっさんオペの様子

今年のARRL FDはホームステーションからの運用が推奨されていましたが、N5DUステーションからビデオが届きました。 …

ページ上部へ戻る