プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

記念すべき第60回オールアジアコンテストのスキマ講評と今後のなりゆきについて

 

昭和35年に第1回オールアジアコンテストが始まって、今年、お目出度い60回目を迎えました。

で、

<JA局のみ「ジュニア」「シルバー」種目あり>オペレーターの“年齢”をナンバー交換! 6月15日(土)9時から48時間、「第60回 ALL ASIAN DXコンテスト(電信部門)」開催・・・ハムライフ.jp

相も変わらずJAのみ種目ありっていうのやってるのか。

 

それはともあれ今回もデータ取りのためにスキマで参戦しましてJF2IWL-#スキマが捕捉したCQ局の解析結果です(SH5コンテストアナライザによる)。

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_all_asian_dx_contest_cw_jf2iwl_s/index.htm

流れるクラスタを見てて感じたことは、毎度毎度、アメリカ勢が遅っそいJAのためにスピードをガックリ落としてくれるという涙を誘う光景、

反面、中国の若手コンテスタのスピードがグングン上がり、JAを超えました。

 

カントリー内訳においても、

 

 


中国勢がドシドシ優勢になつてきています。

 

・・・いま、JARL本能寺の変とかなんとか、狭いよなごく一部の内輪で騒いでいるようですが、主権たるJARL会員さんにとってはどうでもいいことであり、また、アジアの軸足は極東から大陸へと移りました。

運営もおぼつかないJARLがせめてもできることは60回を節目としてオールアジアから手を引き、かれらイキの良いアジアの若い連中にコンテスト運営を託してしまうというのが国際的アマチュア無線界へのケジメでしょう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

プレイヤーからオーディエンスへ ~ WWDX CW 2019年の生スコアと世界記録樹立の可能性について

WWDXCWの生スコアが出ましたよ! というので見に行ってみますと、 …

SKYWARNの認識デーが開催されるよ

通信網の発達した日本では不要なのかもしれませんが、 SKYWARN Recognition Day Partici…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/05

50WPM 141Q/30min. = 282Q/h Total QSO = 49,3…

IBP Beacon 2019/12/04

SFI=71 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=300km/s Spotless Day…

カリフォルニアでバクダン低気圧と気候変動とJARLのアンテナアンテナ第三者賠償責任保険と ~ もはやアンテナなんて上げてられない世界状況について

なんでも太平洋の向こう側、カリフォルニアでは、 Advanced Scatterometer …

ニュージーランドでアマチュア無線のタワーが倒壊、ひとりが挟まれる

先に東京電力の高圧鉄塔がバッタリ倒れたのは記憶に新しいところですが(誰もスッカリ忘れてると思いますが)、 アマチュ…

Morse Runner DXCC Challenge 20mb 2019/12/04

50WPM 133Q/30min. = 266Q/h Total QSO = 49,2…

IBP Beacon 2019/12/03

SFI=70 SSN=0 Ap=9 Kp=1 Solar Wind=320km/s Spotless Day…

2019年フィールドデーコンテストの結果と冬のサバイバル ~ ウインターフィールドデーが今年も開催されるよ!!

今年のフィールドデーコンテストも年内には結果が出されたもようで、 <参加局数が1,400台を割り込み合計1,385…

超強力台風Tisoyの非常通信のため7110kHzはクリアに

インドネシア連盟によりますと、 Keep clear on 3 (thee) frequencies for Em…

ページ上部へ戻る