プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

記念すべき第60回オールアジアコンテストのスキマ講評と今後のなりゆきについて

 

昭和35年に第1回オールアジアコンテストが始まって、今年、お目出度い60回目を迎えました。

で、

<JA局のみ「ジュニア」「シルバー」種目あり>オペレーターの“年齢”をナンバー交換! 6月15日(土)9時から48時間、「第60回 ALL ASIAN DXコンテスト(電信部門)」開催・・・ハムライフ.jp

相も変わらずJAのみ種目ありっていうのやってるのか。

 

それはともあれ今回もデータ取りのためにスキマで参戦しましてJF2IWL-#スキマが捕捉したCQ局の解析結果です(SH5コンテストアナライザによる)。

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2019/2019_all_asian_dx_contest_cw_jf2iwl_s/index.htm

流れるクラスタを見てて感じたことは、毎度毎度、アメリカ勢が遅っそいJAのためにスピードをガックリ落としてくれるという涙を誘う光景、

反面、中国の若手コンテスタのスピードがグングン上がり、JAを超えました。

 

カントリー内訳においても、

 

 


中国勢がドシドシ優勢になつてきています。

 

・・・いま、JARL本能寺の変とかなんとか、狭いよなごく一部の内輪で騒いでいるようですが、主権たるJARL会員さんにとってはどうでもいいことであり、また、アジアの軸足は極東から大陸へと移りました。

運営もおぼつかないJARLがせめてもできることは60回を節目としてオールアジアから手を引き、かれらイキの良いアジアの若い連中にコンテスト運営を託してしまうというのが国際的アマチュア無線界へのケジメでしょう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る