プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

2019年 デイトンハムベンションで光る逸品、Polar Explorerのすばらしさについて

 

ヤエスはあれだけ騒がせてシレっとFT-3D推し、FTDX-101Dはなかったことにしているし、K4はああだし、カラ騒ぎだけの虚栄の市(Vanity Fair)にも近似した今年のデイトンハムベンションでありましたが、キラリと光る逸品があって、これです。

 

PolEx Technologies
The first significant advance in Ham transmitter technology since the 70’s!
https://www.polex-tech.com/

 

これなにか?っちゅうと送信機です。

コリンズのSラインで言えば32S-なんとか、ヤエスで言えばFL50型送信機みたいの。 それの最新鋭90パーセントもの高効率のハイパワー500W機。

かつて古くはトランスミッタとレシーバと分かれており、やがて共用部分を用いて「トランシーバ」というブツができたのですが、21世紀になり、ふたたび過去に戻ったのです。

 

これさえあればレシーバは自分のお好みの受信機を使うことができる、最新のSDRでも日本無線のNRDなんとかでもゲルマラジオでも、、。

自分自身は、これまでもTS-590で送信~AFEDRI-SDRで受信、

あるいはIC-7200で送信~RedPitaya-SDRで受信ということをやってましたが、この方法だとトランシーバの受信部がムダなんで、このPolar Explorer、ほしいなあああ、ということなのですが、さあ、お値段はいくらになるのでしょう?

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

フィリピンアマチュア無線連盟・PARAの選挙で電子投票が行なわれる

先に火山が大爆発したフィリピン、そのようすはどうかなー?と見に行ってみますと、 VOTE NO…

第1回マレーシアDXコンテストが開催されます!!

このところアジアの振興が著しいですが9MDXCからのお知らせです。  Malaysia DX Contest 20…

Morse Runner DXCC Challenge 12mb 2020/01/24

50WPM 145Q/30min. = 290Q/h Total QSO = 56,7…

IBP Beacon 2020/01/23

SFI=71 SSN=0 Kp=3 Solar Wind=320km/s Spotless Days Cu…

ついにDXCCチャレンジ2500を達成しました!! ~モールスランナーでDXCC遊び、ひとまず完結編

やっとでひとつの区切りです。 約2年間、56,567QSOやりこんでの成果です。 結果:…

12月のYOTA月間が世界的に大成功をおさめる

今回から北米やアメリカでも始まったYOTA活動、 YOTA Month Reported a Success in…

Morse Runner DXCC Challenge 12mb 2020/01/23

50WPM 129Q/30min. = 258Q/h Total QSO = 56,5…

IBP Beacon 2020/01/22

SFI=71 SSN=0 Kp=3 Solar Wind=360km/s Spotless Days Cu…

QCXに50ワットリニアアンプが出ましたよ!!

最初出たときに大反響を呼び、いまではJAでも多数のファンが居られるQRP-LabsのQRPトランシーバキット・QCXであ…

水晶谷でハムフェストがやってるよ!!

個人的にはデイトン行くより、こっちのほうがアメリカンで楽しいきがしますが。 QuartzFest 2020, ce…

ページ上部へ戻る