プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

日独伊三国同盟とCW Freakのナゾ、およびパワー中毒と空母いぶきとの関連について

 

ある日のCW Freakマンスリーランキング。

 

 

トップテンまで見てみますと、トップから、イタリアのアルプス勢がふたり、ドイッチェ勢が3名、ついでアメリカのNI0C局が居ますが、かれの名前はギュンターであり独逸系の人である、

つぎのND1Rは不肖わたくしであり日本国籍、以下日本勢が並んでいる、、、宛然、日独伊三国同盟の様相を呈していました。

 

こういう現象は今月に限ったことではないので、RufzXPでもそうだが、CWスピード狂は枢軸側に多いのではないか?

ここで思い当たることがあって、それは日独伊、いずれもパワー中毒であることです、イタリアの異常なゲタ好きはつとに知られているところですし、ドイツにはTUNAMIプロジェクトのDC9DZがいる、

 

もちろんJAも負けずにベアーさんや工人社がパワー出しまくってる。 つまりパワー中毒者が多いお国柄である。

じつはわたし自身も最低3キロ無いとやってられない中毒体質ですが、アメリカやイギリスなどの連合側がパワー入れてないのと対照的であります。

 

で、いろいろ考えてみて、このことは電波と海とに関係があるのではないか、 海洋国家であるところのイギリスやアメリカはアンテナを重視しパワーは二の次であるに対し、海軍の弱い日独伊はパワー任せなのではないだろうか? という仮説です。

このことはイギリスやアメリカがレーダーで勝ったことと対称を形作るのではないだろうか?

 

・・・ここで日本の海軍は弱いなんて言うと、「おいこら日本はリッパな海洋国家じゃないか!」と百田尚樹が発狂しそうですが日本は海洋国家ではありません。

もし日本が海洋国家だったら第二次世界大戦の海洋戦においてあんなクソボロ負けはしていませんし、いぶきとやらの最新鋭空母を駆って中国と戦っても、その拙劣な運用で必ず負けます。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

DXCCチャレンジ3000ヶを目指して ~ モールスランナーでDXCC遊びで7バンドを250カントリー越えができました

一昨年の5月からモールスランナーでDXCCアワード遊びを始めて二年半あまり、その間、鋭意ツインランを練習したり、WAZや…

KO8SCAが4U1UNにDXペディション

この世には大都会であっても到達困難な場所というのは存在するので、 4U1UN – United Nations H…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/07

50WPM 143Q/30min. = 286Q/h Total QSO = 49,6…

IBP Beacon 2019/12/06

SFI=71 SSN=0 Ap=9 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

Ofcomがデジタルモードの無人運用を禁止の議論における、自動運転技術の進化と未来と課題について

おりしもFT8ラウンドアップが開催されるこのごろ、ヘンなニュースが入ってきまして、 Switz…

サイバーマンデーはアマゾンスマイルでARRLにコントリビュートしてよ!のお知らせ

先にブラックフライデーにおいて、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/b…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/06

50WPM 131Q/30min. = 262Q/h Total QSO = 49,5…

IBP Beacon 2019/12/05

SFI=71 SSN=0 Ap=9 Kp=2 Solar Wind=370km/s Spotless Day…

プレイヤーからオーディエンスへ ~ WWDX CW 2019年の生スコアと世界記録樹立の可能性について

WWDXCWの生スコアが出ましたよ! というので見に行ってみますと、 …

SKYWARNの認識デーが開催されるよ

通信網の発達した日本では不要なのかもしれませんが、 SKYWARN Recognition Day Partici…

ページ上部へ戻る