プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

日独伊三国同盟とCW Freakのナゾ、およびパワー中毒と空母いぶきとの関連について

 

ある日のCW Freakマンスリーランキング。

 

 

トップテンまで見てみますと、トップから、イタリアのアルプス勢がふたり、ドイッチェ勢が3名、ついでアメリカのNI0C局が居ますが、かれの名前はギュンターであり独逸系の人である、

つぎのND1Rは不肖わたくしであり日本国籍、以下日本勢が並んでいる、、、宛然、日独伊三国同盟の様相を呈していました。

 

こういう現象は今月に限ったことではないので、RufzXPでもそうだが、CWスピード狂は枢軸側に多いのではないか?

ここで思い当たることがあって、それは日独伊、いずれもパワー中毒であることです、イタリアの異常なゲタ好きはつとに知られているところですし、ドイツにはTUNAMIプロジェクトのDC9DZがいる、

 

もちろんJAも負けずにベアーさんや工人社がパワー出しまくってる。 つまりパワー中毒者が多いお国柄である。

じつはわたし自身も最低3キロ無いとやってられない中毒体質ですが、アメリカやイギリスなどの連合側がパワー入れてないのと対照的であります。

 

で、いろいろ考えてみて、このことは電波と海とに関係があるのではないか、 海洋国家であるところのイギリスやアメリカはアンテナを重視しパワーは二の次であるに対し、海軍の弱い日独伊はパワー任せなのではないだろうか? という仮説です。

このことはイギリスやアメリカがレーダーで勝ったことと対称を形作るのではないだろうか?

 

・・・ここで日本の海軍は弱いなんて言うと、「おいこら日本はリッパな海洋国家じゃないか!」と百田尚樹が発狂しそうですが日本は海洋国家ではありません。

もし日本が海洋国家だったら第二次世界大戦の海洋戦においてあんなクソボロ負けはしていませんし、いぶきとやらの最新鋭空母を駆って中国と戦っても、その拙劣な運用で必ず負けます。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

民主主義について考える ~ 菅内閣の発足とJARL高尾会長さんの行く末について

世では菅首相がなんとかかんとか騒がれていますが、われわれ下々のものにとってみたら、カネさえばらまいてくれればそれで良いで…

国勢調査がやってきた! ヤァ!ヤァ!ヤァ! ~ QSLカードは紙で出しましょう!

なんもわざわざ厄災の年にとも思いますが、うちにもちゃんと来ました。 で、とうぜん推奨形式のインターネットでなんか、…

ついに出た! IC-705専用のオートアンテナチューナー mAT-705の実力について

MATチューナー社のBG3MZUからのお知らせです。 お値段は3万円ほど、 本家のを待…

JARL正常化プロジェクトにおける、「正常化」ってなんだろう??

最近になって知ったのですが、 JARL正常化プロジェクト(「2020年JARL社員総会情報」改…

キュレーターとしてのキュレーションメディア

ハムライフさまが、 <総務省の最新データベース>無線局等情報検索(8月10日時点)、アマチュア局は1週間で383局…

オーストラリアでコールサインがチェンジ

リンク先を読んでも意味がいまいちわからないのですが、 Call sign changes in…

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile・・・DXワールド そうですか、あれか…

いよいよ出るのか? IC-705のアンテナチューナー&エレクラフトK4

アイコムさまがプラチナスポンサーであるところのヴァーチャルハムエキスポ、 QSO Today Virtual Ha…

インドネシア独立75周年アワードが始まります!!

インドネシア連盟・ORARIからのお知らせです。 The Diamond 75 Years Republic In…

は?は??! NHKがチャンネルを削減~AMラジオを一元化???

は??? NHK、BSチャンネル削減発表 AMラジオも、次期計画案を承認・・・共同通信 ラジオはAMとFM…

ページ上部へ戻る