プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

G20大阪サミット記念局 8N3G2Oが何故かチリ国籍の疑惑と大阪都構想について

 

いま関西は関ハムとか万博とかカジノとかなんとかに浮かれてて、直近の大イベントとしては

2019年G20サミット首脳会議の大阪開催決定について・・・大阪市

ということで、8N3G2Oなぞといふ記念局が精力的にQRVなされてるんですけどこれ何?

 

 

チリの3G2O/3局。

これなんでかっていうと、スキマーは、誤捕捉を避けるために、コールとして存在しうる文字と数字を網羅したパターンファイルというのに合致したのしか上げないのですが、8N3G2Oなんていう、途中に数字の入ったよなヘンタイなコールサインはパターンファイルには無いんでチリの局として世界に周知されてしまつているのでした。

凝ったコールで自画自賛しているようだが中国まで飛ばしちゃってなにやってんだか。

RBNチーム内でもこの手のイレギュラーなコールサインが問題になってるんですけど、世界的に迷惑なの、わからんかな。

 

あと、何やってんだか?っていう大阪の話題としては、

自民大阪府連会長に渡嘉敷奈緒美氏 維新との連携目指す・・・さんけいしんぶん

自民が維新に寝返り。

この本質は単なる憲法改定絡みで呉越同舟のタッグを組んだだけなんですけど大阪のヒトたちは何も解っちゃないだろう。 地滑り的に維新に勝たせてしまって困ったひとたちでんな。

 

・・・今回、仁徳天皇陵などの古墳群の世界遺産登録に象徴されるように、関東としては大阪のことを副首都とかなんとかヨイショして持ち上げておいて自分らの都合の良いように使うだけのもくろみです。

このことは関東の連れションで秀吉が家康にイヤガラセしたことから始まったんですけど。

 

ですが、東西が揉めれば揉めるほど、その中間であるところの中京の我らが漁夫の利を得るだけなので、どうぞおやんなさいということです。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

DXCCチャレンジ3000ヶを目指して ~ モールスランナーでDXCC遊びで7バンドを250カントリー越えができました

一昨年の5月からモールスランナーでDXCCアワード遊びを始めて二年半あまり、その間、鋭意ツインランを練習したり、WAZや…

KO8SCAが4U1UNにDXペディション

この世には大都会であっても到達困難な場所というのは存在するので、 4U1UN – United Nations H…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/07

50WPM 143Q/30min. = 286Q/h Total QSO = 49,6…

IBP Beacon 2019/12/06

SFI=71 SSN=0 Ap=9 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

Ofcomがデジタルモードの無人運用を禁止の議論における、自動運転技術の進化と未来と課題について

おりしもFT8ラウンドアップが開催されるこのごろ、ヘンなニュースが入ってきまして、 Switz…

サイバーマンデーはアマゾンスマイルでARRLにコントリビュートしてよ!のお知らせ

先にブラックフライデーにおいて、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/b…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/06

50WPM 131Q/30min. = 262Q/h Total QSO = 49,5…

IBP Beacon 2019/12/05

SFI=71 SSN=0 Ap=9 Kp=2 Solar Wind=370km/s Spotless Day…

プレイヤーからオーディエンスへ ~ WWDX CW 2019年の生スコアと世界記録樹立の可能性について

WWDXCWの生スコアが出ましたよ! というので見に行ってみますと、 …

SKYWARNの認識デーが開催されるよ

通信網の発達した日本では不要なのかもしれませんが、 SKYWARN Recognition Day Partici…

ページ上部へ戻る