プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

CQ Worldwide DX Contest, CW 2018年 結果発表とその講評

 

講評とかエラソなこと言える立場ではないのですが、D4Cという超スーパーステーションを得て、2BSIQ手法を駆使するCT1BOHが今回ついに、生スコアでは2000年に打ち立てられたEA8BH(N5TJ)のワールドレコードを超えたと話題だったんですけど(審査前は18,851,331点)、

最終結果(歴代レコード)は、

 

 

応援してたのに残念。

局数は超えてるんでマルチが課題になるんでせうが、今回、努めてマルチ探ししてるようですが、最高の設備でここまで精一杯やって破れなかった以上、サイクルボトムでは無理かもしれんねえ。

アフリカの地の利を生かして平均ポイントは2.8点ですが、同じ局数でEA8BHを超えるにはマルチが43ヶほど足らない。

 

2018年度、激戦SOABの順位は以下の通り。

 

 

得点的に不利な北米からローパワーで7位に食い込んでるV26K(AA3B)が光ります(かれはLP部門のレコード保持者)。

ちな私は目標通り、40mb QRP部門で1QSOで世界1位のラスを引いてました。こっちは15秒ほどでできるんでごくかんたんです

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/22

50WPM 138Q/30min. = 276Q/h Total QSO = 56,4…

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

IBP Beacon 2020/01/19

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=290km/s Spotless Days Cu…

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

ページ上部へ戻る