プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

中華リニアアンプの実力を測る ~ オールBYコンテスト&CQ MMコンテスト&オール東北コンテスト

 

オールBYコンテストじゃなくて正式名称は、Worked All Provinces of China DX Contest(WAPC DXコンテスト)ですが。

SkimmerServerのチューンとかビーコン捕捉用アンテナの調整とかなんとかかんとか慌ただしい合間に、CQMMとともに、ほんの少しだけ出ました(毎週毎週コンテスト多すぎてわけわからん)。 各5QSO。

 

WAPCは日本で言えばオールJAコンテストであり、CQMMは南米主催のコンテストであるわけですが勢いが出てきており、いずれも新興国の勃興を感じさせるものでした。 とくにBY局のモールスの上達ぶりが目を惹きました。

他方、オール東北コンテストでは、

 

 

遅っそいCWのJA7TESTって誰かしら?

それはともあれオール東北のログ提出規定の、「ログ作成の注意点・・・必ずバンド別に整理して下さい 」 って、いまどきバンド別に整理して電子ログ提出する莫迦も居ないだろうよ。

ほか、世界ではYUDX、イスラエル約束の地コンテストなどが開催されていましたが、いずれもParticipationはWorldwideであり、遠く離れたJA局同士のQSOも有効です。

毎週毎週、国内同士だけでやってるのはJAだけです。 だから世界から迷惑がられてる(今回はロシア国内だけのRussian HFが迷惑がられてた)。

 

で、試しにCQMMでCQ出してみましたがわずか30ワットほどなのに、15分ほどもRUNしたら中華ゲタの放熱フィンがチンチンになりました。

定格10ワットを半分以下で使ってるドライバ段もチャイナFETだし、あまりに危険が危なすぎるので今後は呼び回りだけにしよう。

 

・・・先ごろではなんとかサバイバルコンテストいうのがサバイバルできずに潰れてましたけど、入管法も改定され、否応なしにグローバルになった時代において内向きな鎖国はもうできない、

オールJAコンテストをも含め、世界に開かれていないコンテストは淘汰され潰れていってもらったほうが、わたしたち自身にとっても良いのだろうと思ひます。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

Ofcomがデジタルモードの無人運用を禁止の議論における、自動運転技術の進化と未来と課題について

おりしもFT8ラウンドアップが開催されるこのごろ、ヘンなニュースが入ってきまして、 Switz…

サイバーマンデーはアマゾンスマイルでARRLにコントリビュートしてよ!のお知らせ

先にブラックフライデーにおいて、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/b…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/06

50WPM 131Q/30min. = 262Q/h Total QSO = 49,5…

IBP Beacon 2019/12/05

SFI=71 SSN=0 Ap=9 Kp=2 Solar Wind=370km/s Spotless Day…

プレイヤーからオーディエンスへ ~ WWDX CW 2019年の生スコアと世界記録樹立の可能性について

WWDXCWの生スコアが出ましたよ! というので見に行ってみますと、 …

SKYWARNの認識デーが開催されるよ

通信網の発達した日本では不要なのかもしれませんが、 SKYWARN Recognition Day Partici…

Morse Runner DXCC Challenge 10mb 2019/12/05

50WPM 141Q/30min. = 282Q/h Total QSO = 49,3…

IBP Beacon 2019/12/04

SFI=71 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=300km/s Spotless Day…

カリフォルニアでバクダン低気圧と気候変動とJARLのアンテナアンテナ第三者賠償責任保険と ~ もはやアンテナなんて上げてられない世界状況について

なんでも太平洋の向こう側、カリフォルニアでは、 Advanced Scatterometer …

ニュージーランドでアマチュア無線のタワーが倒壊、ひとりが挟まれる

先に東京電力の高圧鉄塔がバッタリ倒れたのは記憶に新しいところですが(誰もスッカリ忘れてると思いますが)、 アマチュ…

ページ上部へ戻る