プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

国際コンテストに出てみよう!! (Mini-CWT 4月第3週) ~カムバックハムへの道・第何十弾か忘れた

 

ダンシャリハムのために整理整頓、掃除などやっておりましたら、今日は水曜日か~、というのでふと思いだし、昔は毎週出ていたCWOpsのMini-CWTにカンバックしてみました。

使うリグはRedPitayaトランシーバに中華リニアアンプの情けない50ワッツにNVISダイポールです。

 

こちら22JST、第一セッションの開始。 K6AR局が強く聞こえています、、が、50WでJAからじゃ弱いし呼び負けて中々取ってくれない、 でも解ってくれて1QSO、

ほか、W7SW、W6SX、NT6Q(N5ZO局が最近建てたCalifornian Alligators Contest Clubというのらしい)、なつかしいひとたちと4QSOできて終えました。

 

では、今週末はどんなコンテストが開催されるのかしら?と見ますと、

 

 

爆発五郎。

爆発してるのは毎週のことですが、出たいとすればオールBYコンテスト&お誘いのあったCQMMにしようと。

 

・・・これら一連の国際コンテストは、ほとんどがワールドワイド形式です、 つまりJA同士のQSOも有効なんですけど出てるJA局は限られておりわずかです。

内輪の国内ロカコンでキズ舐め合ってるばっかりじゃなくて、全員にPDF賞状もらえるこれら国際コンテストに出れば良いのにと思いますが、日本人は内向きのチヂミ志向らしいので何を言っても始まらないでしょう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

IBP Beacon 2020/01/19

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=290km/s Spotless Days Cu…

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

HSTの2020年大会はモンゴルで開催されるそうですよ!!

大相撲初場所もたけなわなころ、ついにHSTも東アジアに飛び出たようで、 17th IARU World High …

ページ上部へ戻る