プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

いよいよ竜巻シーズンの到来とHOAアンテナのススメ ~ オフエアー時代に向けて

 

ようやく雪も消えたと思ったら、ことしも早、シーズンの到来か。

米南部で悪天候が猛威、7人死亡 大都市も暴風域に・・・CNN

このことは他人事ではまったくないので、10連休とか浮かれてるひとたちは、わずか半年ほど前の昨年の9月、大阪湾に台風直撃でタンカーが流され関空に激突したことをお忘れか?

 

あともうひとつの話題としてアメリカでは昨今、むやみにHOAアンテナ言うようになってきており、たとえばDX Eng.では

 

 

What is yours? 言われましても、、。

 

もうひとつ。

Stealth 2 Meter Copper J-Pole for your HOA – AF5DN・・・QRZ.ナウ

 


 

 

涙ぐましい努力もしばしば見られます。

 

HOAとはHome Owner Association=住宅所有者組合なんですけど、アメリカは相互監視社会なんで、なんかヘンなものを造作してると恐ろしいタカの目をした隣のえげつないオバハンに通報されてタイホです。

このことに対してARRLでは数年前からパリティアクト(同等に扱ってくれえ!活動)を繰り広げていたのですが、以上ふたつの事例を見ても敗北は決定的なようだ。

 

これらのことを受け、自分としては、来たるべき大災害、および、JAでもかならず勃発するであろうHOA問題(すでにアパート管理組合などではキビシイ制限が設けられていますが)、

このふたつを回避するためにこの春、アンテナを低くて目立たず安全なのに縮小してしまったんですけど肝心のルーフタワー解体を頼んだ地元解体業者からちっとも連絡が来ねえよ。

まあ空き家や古い建物の取り壊しで解体ブームに忙殺され、相手にされてないんでしょう。

 

・・・いま、海の向こうのアメリカのリフレクタでは「 Off-Air」というよなサブジェクトで手持ちのリグアンテナの処分が盛んです。 「オンエア」なんていう言葉はもう古いのであります。

三十六計逃げるに如かず、あれこれ思案するより逃げるが勝ちです。

モタモタしてると逃げ遅れるので、もう一度解体屋に連絡して早いとこバックレてしまおう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る