プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

JIDX CW、FT8DX、ガガーリンインターナショナル ~ コンテスト三連チャンの日

 

今上天皇陛下におかれましては、最後の田植えを行われた春の佳日(新皇后になられるハーバード出の雅子さまは、養蚕はちゃんとやるんだろうか?)、

ちかごろはモールスランナーやってるばっかりの毎日でしたが、仕事の合間、ひさびさに実際のコンテストというものに出てみました。

 

で、毎年恒例、JIDXとガガーリンのごた混ぜに加えて今年から新たに、

FT8 DX Contest・・・European FT8 Club

EU FT8クラブ主催によるFT8 DXコンテストが開催されました。

これがまた主催者の不備、もしくはアメリカへの無言の抗議としてコンテストQRGが指定されていないのがミソなのであります(アメリカ側は14130kHzと定めた)。

 

案の定、FT8-Digitalリフレクタではコンテストさいちゅうにも揉めてまして、結局誰も解らず、現場は、

 

 

ふつうのQRGでふつうの局と混じりまくり、わけワカラン状態。

FT8モードは最初からボタンを掛け違えているモードなのでしかたないんですけど、せめてWSJT-Xを見やすくする程度のことを誰かやらんのか?

目がクルクル回りながらそんなよなことを思いながら10QSOで終えました。 このコンテストは主催者が誰か解らないので釣りかもわからん。

 

JIDXは

 

 

7メガローパワー部門で10QSO、

ガガーリンも、RW0UM、Nickオヤビンさんに挨拶がてら10QSOで仕舞いました。

毎度の感想としては海外勢がJIDXの時にはCWのスピードをJA局向けに檄遅でやっておられたのが涙を誘いました。 やってられねだろうねえ。

 

いずれのコンテストもRedPitaya SDRトランシーバ+中華リニアアンプの20ワッツ程度でのQRVでしたけれど、飛ばないというのはありがたいことで、各コンテストとも短時間参加で仕事やヒルネなどの有意義な時間を過ごすことができました。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

パリ祭にあわせてガリレオ測位システムが大規模障害 ~ IARUの会長さんがEUとフランスの調停に乗り出す

7月14日、 日本各地でパリ祭り、ワインあおってシャンソン歌い、浮かれポンチしていたころ、 え…

毎度おなじみ、ハリケーンで原油を値上げする方法

去年のハリケーン・カトリーナ(だっけか?)でメキシコ湾に甚大な被害が発生、油井そのほかの設備がやられたってんで原油が値上…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/15

48WPM 126QSO/30min.=252Q/h Total = 639 QSO Wkd…

IBP Beacon 2019/07/14

SFI=66 SSN=0 A=6 K=2 SolarWind=~450km/s Spotless Days Cu…

FT8の出現によって、RTTYはどれくらい廃れたのか?についての定量的考察

このことはClubLogのデータですでによく知られていますが、RTTYスキマを運用している身として、いったいどれくらい減…

サイクル25からの太陽黒点が到来!!

だからまだ来ないって。 A Sunspot from the Next Solar Cycle・・・spacewe…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/14

48WPM 129QSO/30min.=258Q/h Total = 518 QSO Wkd…

IBP Beacon 2019/07/13

SFI=67 SSN=0 A=8 K=1 SolarWind=~470km/s Spotless Days Cu…

2019年 第30回 全国高等学校アマチュア無線コンテストにおける挨拶の重要性について

やってまいりました、高校球児たちが覇を競うアマチュア無線界の夏の甲子園、 で? <規約を熟読して!と呼びかけ…

IARUモニタリングシステム Reg.1の6月のレポートが出ましたよ!

ということです。 http://www.iarums-r1.org/iarums/news2019/news190…

ページ上部へ戻る