プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

オスカー100号エスハイル2  QO-100静止衛星の恐ろしい破壊力 ~ ガンビアからのお便り

 

ちかごろオスカー100号(QO-100)にハマッてまして、こんなビデオがありました。

 


 

ディッシュのTOKYOSATというブランド名の通信機器会社はドバイにある会社らしい、=13ユーロ。

そしてコンバータのLZ5HP局のなんたら言うのは当該の型番が見当たりませんでしたが、500ミリワットで良いなら上下合せて3万円くらいでいけそう、

あとはFT-817でもあれば、イリジウム衛星携帯電話をも凌駕する、かんたんに10ギガ静止衛星通信システムのできあがりです。

 

ナレーションで言ってる「ブラジルからジャパンまで」というのは間違いで、正しくは東はタイまでだと思いますが、赤道のコンゴ上空からの見通し範囲にどれだけのカントリーがあるかを考えるとDXCCなんかごく簡単、

わたしたち極東で繰り広げられているところの、やれドップラシフトがーとか、アリススクールコンタクトとかISSのSSTV受信とか、上向いてアンテナ振り回してたらドブに転げ落ちましたとかいう情けない話は一切無用、

 

まさに静止衛星の面目躍如たる恐ろしい破壊力を見せつけられたとともに、こんな危険物が日本の上空に上がってなくてよかった!

せいぜいポン大FO-99程度でよかったと胸をなで下ろしているところです(FO-99のことを、世間では、NEXUS=NExt generation X Unique Satelliteと呼んでいるようですが)。

 

参考文献:
Building equipment for AMSAT P4A geostationary Es’hail-2・・・OH3FWG

過去記事:

 

ISSのSSTV受信における、QO-100をWebSDRで聴くことの意義について

 

カタールのオスカー QO-100衛星がタイとブラジルとの最長不倒距離を達成

 

イラン革命40周年とパーレビ国王の遺志~ オスカーQO-100衛星の意義について

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る