プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

春のEスポ祭りが始まったよ!! ~ラジオニッケイの大擾乱と春の嵐

 

満開の桜に浮かれポンチなひとびとが騒いでいた4月7日の日曜日は異常でした。

まず、IBPビーコン捕捉がこう↓

 

 

夕方から深夜にかけて、これまで見たこともない世界的に大爆発。 JA2IGY/Bは28メガまでガンガン取れてる。

そしてラジオニッケイがこう。

 

21JST前、国分寺に10メガレベルのEスポが発生の瞬間、 放送のキャリアがまるで竜巻みたいに発散、暴発、うねりまくっています。

このとき開催されていたSPDXコンテスト、およびEA RTTYコンテストでは日没後、14メガが大活況を呈していました。

太陽黒点との関係で言えば、黒点番号、第2737番があっち向いて、次の巨大な2738番がこんにちわ!という局面でした。

天気との関係で言えば、翌日月曜日には強い春の風が吹き荒れました。 気圧配置との関わりで見ると朝鮮半島上の低気圧が通過したのちにEスポが発生したのではないかしら?

 

ではEスポを心待ちにしている6m屋さんはどうかしら? と掲示板などを覗いてもいまいちよく解らない、 世界的なF2層の様子も見てみましたがよく解らない。

14メガのヨーロッパは活況なものの弱かったので、きれいなF2伝搬ではなく、世界的なEスポの出現による、低い位置でのマルチホップ的な伝搬なのではなかっただろうかと推察しています。 その代りに7メガ国内がたいそうよかった。

 

・・・これからの季節、FT8での50メガEUの阿鼻叫喚が今から思いやられますが、自分としては俗世間の騒ぎとはいっさい無関係、天気や気圧配置、風や気温、

あるいは来たるべき巨大地震と電離層との関係を、鋭意、調査探究してまいりたいと考えて居ります。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る