プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

納豆符号はやめろ!!

 

ボーイング機墜落を受けてか、ちかごろローバンドCWでアクティブなエチオピアのET3MIX局、

 

 

誰かしら? と探ってみますと、ET=Aであり、すなわちJA3コールのOMさんでした。

しかもドイツまで11dBもの強力なSNRで飛ばしているところを見ると、キロワット呉れて火花をバチバチ散らして叩いて居られるらしい。

 

あと、相も変わらず「ホレDE」の、

 

 

ツバルT2DEや「ホレCQ」のT2CQもアクティブです。

T2DEやT2CQは、「BadCall=間違いコール」リストに入れてあり、わたくしのスキマからは上げないように弾いていますが、「T2J」なんていう、本当にT2から出てた局も存在するのであって対処のしようもない、タチが悪いぞこら!

 

だいたいが、モールス通信のプロトコルは短点1、長点3、文字間隔3ということが国際的に定められており、相手に通じるためには、いくら手打ちやバグキーであっても、できるだけ標準的に打つ努力をせねばならないところ、ワブラーのおっさん連中は自分の個性だとでも勘違いしてるのかしらんが納豆符号、

わたしたちよい子の国際的スキマプロジェクトの邪魔なんで早く彼岸にイカレてほしいと思います。

 

・・・それはトヨタマーク2に乗ってるオヤジが、ちゃんと正面向いてイスに座らず、ナナメになって運転してるよな、品性の無い、オツムが足らない感じを与えます。

 

あとは毎度のAJA移動サービス局らの/4J・アゼルバイジャン、 /6J・メキシコ、 果ては、

 

 

ポータブル中華人民共和国なんていう呼出符号を発射していると、当局から国家保安法違反容疑でタイホされる恐れがありますので注意なされますように。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

200Wを超える局の「JARDスプリアス確認保証」におけるALPHA-77DXの立ち位置について

ただいま、 <対象となるリニアアンプのリストを掲載>JARD、200Wを超える局の「スプリアス確認保証」を7月1日…

ARRL FDにおける、スモールホームステーション・N5DUにおけるおっさんオペの様子

今年のARRL FDはホームステーションからの運用が推奨されていましたが、N5DUステーションからビデオが届きました。 …

2020年のARRLフィールドデーに出ました

表題のコンテストに出撃しました。 このイベントの主な目的は非常通信であり、さらにことしは特別、おうちからのQRVが…

「昼カラ」クラスターと、JARL主催コンテストは通常開催へ!

揉めに揉めまくっている我がJARLさまでありますが、では、高尾会長さんは現在、どうなさっているのだろう?とブログを覗いて…

フィールドデーに向けて ~ ARRLの会長さんから声明が出されました

ただいま大もめ中のJARLではなくてARRLの会長、K5URからのメッセージです。 ARRL President …

RCWC 4 SEASONS – 2020 contestのサマーステージが開催されます

R-CW-C(ロシアCWクラブ)からのお知らせです。 RCWC 4 SEASONS - 2020 contest …

RAC Canada Dayコンテストのお誘い

RACからのお誘いです。 RAC Canada Day Contest Rules 2020・・・RAC &…

ジャカルタが493周年記念局 8A493J, 8A493JP, 8A493JU, 8A493JB, 8A493JS, 8A493JT

こりゃまた中途半端な年数で。 Special Call HUT Kota Jakarta Ke 493 Tahun…

マルコニメモリアルコンテストへのお誘い

thanks for joining "Marconi Memorial Contest HF CW" in the p…

ロシアとウクライナの妨害電波合戦が祭りに

JARLさまが、まーたしても裁判沙汰やってるころ、ロシアとウクライナが、 Russian-Ukrainian ra…

ページ上部へ戻る