プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

疑惑のQSOで50MHz特記のWAZが完成しました (モールスランナーでDXCC遊び、6mbの結果)

 

まるで誰かのホムペのタイトルみたいですが、テレパシーQSOにも近似したモールスランナーでDXCCチャレンジ、50メガで2週間ほどやり込みまして、結果、

 

 

2099QSOの160カントリー、40ゾーンでWAZが完成しました。 難しいZone34はSU1HZが呼んできた。

 

ラストの日には1時間連続やりまして、

 

 

もうちょいで240QSO/hだったんですけど叶わず。 でも多数に呼ばれた時の弁別能はだいぶん上がって、少しは上手くなった。

トータルのレートは以下の通り。

 

 

 

 

全バンド通したNewは、

 

 

ゾロせんせいの7O1Aがめずらしいかなあ。 トータルQSO=21,227局、DXCCはMixで306カントリーになりました。

 

DXCCチャレンジは、

 

 

7バンドDXCC完成で、約1184ヶ。

目標をDXCCチャレンジ=2000に置いていたのですが各バンド200カントリーやるのはつらい、、 1500カントリーにレベルダウンして、次は1.8メガと28メガのツインモールスランナーに戻ります。

 

I see red When you’re in danger.
And I see blue When you are crying.

 

 
 

We have eyes like twins where your last thought ends my next begins always.

 

==

ここまでの残りカントリー

1A , 3C , 5A , 5R , 7Q , 9U , A3 , BS7 , BV9P , C3 , CP , D6 ,  EL , EP , ET , EZ , FT8/X , FT8/Z , HV , KH1  , KH5 , KH8S , P5 , PY0/S , T7 , TR , TT , TZ , XW , YV0 , ZD9 , ZK3 , ZL8 , ZS8

 

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る