プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

IBPビーコンの崩壊 ~ The Fall of the IBP Beacons

 

まるでアッシャー家の崩壊みたいな話ですが、

ちかごろRBN界隈で、スキマでビーコン捕捉の話題で盛り上がってるところ、とっても本質的な良いことを発言したのにガン無視されたのでここに書く。

 

・・・スキマでビーコン捕捉競争といふのは、IBP/NCDXFビーコンのコーディネータ、VE3SUN、Peterおじさんが近年始めたものでこれです↓

IBP-RBN Challenge! Can you hear all the beacons from your location? Can you hear them all in one day?
http://www.ncdxf.org/beacon/RBN.html#Challenge

 

 

ビーコンとは本来、無指向性アンテナで捕捉せねばならないところ、ビーム使ってるOH6BGらを尻目にちゃんとGPで取ってる私が極東から世界2位につけててえらいよねえ、と自分でも思うのですが、

それは擱いて、問題は、スキマで捕捉合戦つったってビーコンそのものが死んでたらどうしようもないだろうよ、ということなんですけど、 ではホンコンのVR2B/BのQRV状況をDJ1YFKのスキマActivityで見てみます。

と、

https://foc.dj1yfk.de/activity/VR2B

 

 

去年の12月から止ってます。 あと4X6TUも同じ時期に死んでる。

前者については公称、「ただいまオペに問い合わせ中」であり、後者はハードウェアフェイリャーとなってますけど、ビーコン死んでるのに捕捉合戦しててもしょうがないんで、だれか状況を知ってるヒトいませんか? って書いたらスルーされた。

 

で、不肖わたくしがVE3SUN局に問い合わせしても良いんですけど、彼のツイッタは一昨年の8月で止ってて、ご高齢であることもあり健康が心配されて訊けない、

かといってNCDXFに敵国ホンコンの状況も訊けないし、国際プロジェクトに対して差し出がましいことも憚られるのでどうしようもないという現況です(ヤバイ国のビーコンが同時に死んでるのがそもそもおかしい)。

 

他方、各国の受信モニタ側のほうも崩壊しつつあって、古典的なFaros受信モニタ局一覧を見ますと、

http://www.ncdxf.org/beacon/monitors.html

櫛の歯、もしくは頭髪が抜けていくように脱落しています。 青信号であっても動作してないのが多数です。

 

あと、吾らがJA2IGYさまは最近Webサイトを建てられて、去年の台風で止ったのの復旧などに尽力されているようですがこれもご高齢でいつまで続くかわからない、

JARLに至っては、

 

だからハワイは3年前にKH6WOからKH6RSに変わったでしょうがよ、って理事のヒトにお知らせしたのにまーだ変わってない、

 

・・・これらのことは、本質的には少子高齢化によるアマチュア無線の崩壊です。 世継ぎの居ないアッシャー邸のようにズブズブと沼に沈んでいくかんじ。 千代田区の某家にも言えることだが。

なので、いよいよ自分も解体屋に頼んでルーフタワーを下ろしてしまう代替わりの本年、低いダイポールででも続けるか、やめてしまうかの出処進退を明らかにせねばならない時がきました。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る