プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

カタールのオスカー QO-100衛星がタイとブラジルとの最長不倒距離を達成

 

わたしも気になってWebSDRで聞いたりしてましたが、なんかおかしいと思った。

BRESIL / THAÏLANDE — Liaison via le satellite QO-100, un record ? ・・・F4CZV

 

 

だからこの図は赤道上空の静止衛星の見通し範囲なんじゃんか。 史上初のアマチュア無線用静止衛星。

なのでみんなが寄ってたかってワイガヤ盛り上がってて、先日はOPERAモード使って2.5ミリワットで通信したとかなんとか騒いでたのか、 なるほど。 そりゃReg.1上に10ギガの電離層ができたんだから面白いだろうねえ。

 

ここに己の不明を愧ずるとともに、 ではQO-100のひとつ前に打ち上がったわれらのFO-99号さんのようすはどうかしら? と見てみますと、

NEXUS/FO-99の運用について(お願い)・・・JAMSAT

お年寄りさんたちによる、「JAMSATボランティアの汗が込められてます」等の、涙ながらのお願いが掲げられていました。  絡まれた日大のよい子さんたちも迷惑だったろうね。

 

・・・今回打ち上げられたQO-100(名称=エスヘイル2号:三菱電機謹製)はアフリカ上空に打ち上がったホルスの目です、

かつて4000年前にピラミッドのてっぺんに付けられていたという、すべてを見通す恐ろしい眼であり、「QO」の文字は天空から下界を冷たく見下ろすふたつのマナコを表わす。

アマチュア衛星と見せかけての、なにか怪しいことやってるのは間違いない、 ひとの動きはおろかパンツの中まで見られてる、 The Eye in the Sky いうやつだ。

 

そんなよなオチでしたが、このことは日本における衛星通信の権威、 中津川のきこり君に於かれては、QO-100の眼が届かなくて良かったね、というお話でした。

 


 

歌詞の恐ろしいのもさることながら、この楽曲は闇の底から響いてくるかのような、ベンベンベンベンベースが恐ろしい。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る