プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

3Y0C ブーベが呼んできた!! ~ モールスランナーでDXCC ( 2019年3月15日までの結果 )

 

3Y0I・キハダマグロ号が燃料を大トロにフルタンク、

得手に帆を上げ、イスカンダルに赴く宇宙戦艦ヤマトのごとくわれわれの希望を乗せてケープタウンから出帆なされようとしているまさにその日にブーベが呼んできたことを光栄に思ひます。

 

 

28メガのCW。

で、呼んできたときには3Y0C? ピーター1世島?? だっけ? あれ? などと考える間もなくRUNせねばならないのであって、ブーベだと解った時には思わずガッツポーズを決めてしまいました(ウソですが)。

とりあえずインターネッツに落ちてるQSLカードをPC内にcfmしました。

 

 

 

けだし、故・N4BQWの3Y0Cは2000年の12月16日から翌年の3月4日までとサイクルピークな上に、JAからはロングパス優位な時期でした

3Y0CについてのJA古老各局の思い出を拝見いたしますとビーム方向が書いてないのが使えないんですけど、日本時間で夕方の、やっぱハワイ向き(南極~南米周り)のロングパスじゃねえかなあ。

で、もうこの時期になったら、JAからはロングパスのローバンドはむつかしい。

 

エイプリルフールの4月1日におけるVOACAPのご神託によれば、もしショートパスが使えるなら、最大確率は12Zの14メガと18メガ(@京都)、 春なので開けている時間は長く、かなりイケてます。

ロングパスは同じく京都だと、

 

 

 

このあたり。

時間は短く、魚影はかなり薄い。

 

・・・だがこれらのことは、フタを開けてみなければわかりません。 氷山にぶつからないようにたどり着くまでがたいへんなんだよ。

 

ポーランド独立100周年行事としての3Y0Iペディと日本との関係について

 

3Y0Iペディはポーランドが独立100周年記念ペディ(なのでIndependenceの”I”である)、そして今年、2019年に日本とポーランドが国交樹立100周年の祝賀行事です。

3Z9DXはやたらにプライベートマネー、プライベートマネーを連発してますけど、実態は両国の関係各機関絡みなのではないかしら?

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る