プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

チベット動乱60周年にAP5GB Gus Browningと交信す!!

 

その予兆は2月28日に花柳幻舟が群馬安中のめがね橋で死んだときからすでにあった。

 

浅間山荘事件と花柳幻舟と新元号と~ぼくたちのテレビの時代

 

そして、次、

[UPDATE] A5A – Bhutan / March 1 2019・・・DXワールド

これはZ先生恒例行事なんで、ブータンってやっぱ地上の楽園なのかなあ、と気にも止めませんでしたが、3月12日、

【主張】チベット動乱60年 民族と文化の尊厳を守れ・・・(産経新聞)

そりゃそうだよね。 中国の悪口はサンケイしか書けないからね(じっさい朝日は及び腰)。

 

で、昨日、モールスランナーDXCC遊びをしてますと、AP5GBという局が呼んできたのです。

何しろモールスランナーをツインランっていうのは忙しすぎてまったく考えるヒマが無いので、AP5? なんでAP2じゃなくてAP5なの? と一瞬だけ思いましたがそのままRUN続け、終わってADIFファイルをUR5EQFロガーに噛ませてみるとS2・バングラデシュの扱いになってる。

 

なんでー? と、ネットで調べてみると、このかたのページがくわしい。

電波科学 1964年5月号
https://www.qsl.net/ja1dm/w4bpd62C.htm

W4BPD ガス・ブローニンご本人が冥界から呼んできたのでした。 東パキスタン。 1964年東京オリンピックの年、いまから55年前の1月。

 

思わず懐かしくなって(ウソですが)、「W9WNVを救え」のカナマチのOMさんの文章読みかえしてみたり(ドン・ミラーはまだ生きてる)、 さらに釣られてなつかしいPGCCのガリ版会報も出てくるし、

ダライラマ14世は3月7日に世界に向けてメッセージを発信してるし(このかた83歳でまだ以外と若い)、既報の通り、インドとパキスタンはドンパチやらかしてるし、、、

 

・・・これら一連の騒動は、基本的には、「意識するとその情報ばっかり目に入る効果」なんですけど、古老の話は必ず盛ってるんで疑って掛からねばならないという教訓でもあります。

とくにドンとガスと江戸っ子べらんめえ親父。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る