プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

揉めているXR0ZRCとFT8モードの原子崩壊とキューバ危機の再来 ~ ノアの方舟のゆくえは何処へ?

 

だから言わんこっちゃない。

現在開催されているXR0ZRCペディについて、RTTY界のドン、AA5AU、DonおじさんがRTTY-Digitalリフレクタで疑問を呈しまして、

XR0ZRC Frequencies ・・・RTTY-Digital
https://groups.io/g/rttydigital/message/460

以下K1JT、Joeおやびんさんまでも出動して紛糾、 ぜんぜん読んでないですけど何やってんだか。

 

この揉め事はXR0ZRCペディ自体がロシアの暴れん坊・ロビンソン・クルーソークラブ主催なのがキモで、 アメリカ製品であるWSJT-Xを使いたくないのが発端となっており、北米直下の喉元、チリのファン・フェルナンデス島に核ミサイル(MSHV)を配備したに等しい。

 

・・・なんですけど、本質的には前に書いたFT8の制度設計の失敗、

 

WSJT-X 2.0がマイナーバージョンアップにおけるピアノとの関係とFT8の失敗感について

 

やっぱりここに帰着してしまうと考える。 バベルの塔における言語の混乱ですな。

さらに旧約聖書に譬えれば、最初の設計ミスにより、年ごとに倍増する大洪水のFT8難民を、ノアの箱船で広くて安全なSSBバンドに運ぶ計画も失敗した。

 

・・・わたしたち人類は耳で聞こえないマイナス20デシベルもの信号が見えるようになった代りに途方もない混乱を背負うことになりました。

「バンドがひとつ上がった、わーい!」とか「ヨーロッパで6mが解禁!」とかウキャキャ喜んでいたその先には地獄の業火しかなかった、、

アインシュタインがパンドラの箱を開けてしまって福島原発でプルートニウム(冥王)を蒔き散らかしたと同じことが起こっています。

だがもうわれわれは原子力発電、核医学ほか、核技術無しで生きてゆくことはできない。

 

自分自身はもうアマチュア無線やらないんでFT8と関係無いんでいいんですけど、どーするー?

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る