プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

モールスランナーで架空DXCC遊び 2019年3月9日までの結果

 

二週間毎日がんばって1000局やりましたが、結局Zone34は呼んで来ませんでした。

結果

 

 

スピードは48WPM、毎日20分でだいたい75QSO前後だったので1時間レートは220~230QSO/h程度だと思います。これを本番のWWDXでは48時間寝ずに1万局やるっていうんだから信じられん。

 

昨年の3月から始めて、MixでのトータルDXCCは293カントリーとなりました。 今回呼んで来た中で珍しいのは1973年のPY0ZAA、TRINDADE & MARTIM VAZ ISLANDSでした。

 

これまでのバンド内訳カントリーは以下の通り。

 

 

 

 

WPX=ミックスで2,616ケ、WAZアワードはつらいんであきらめました。

 

総局数

 

 

=17,132局、

大陸別内訳

 

 

アメリカが40パーセント入ってるので、アメリカばっかり呼んでくるのはしかたない、 でもアフリカが200QSOできてる。

 

・・・シングルバンドモールスランナーはこれにてひとまずおしまい、次からはモールスランナー・2バンド・ツインRUN訓練で1.8メガから10ギガまでの、21バンドDXCCを目指します。

 

==

ここまでの残りカントリー

1A , 3B6 , 3C , 3X , 3Y/B , 5A , 5R , 7O , 7Q , 8Q , 9U ., A3 , BS7 , BV9P , C2 , C3 , CP , D6 , E3 , EL , EP , ET , EY , EZ , FT8W , FT8X , FT8Z , HV , J5 , KH1 , KH4 , KH8S , KH9 , KP5 , P5 , PY0S , T7 , TR , TT , TZ , XW , YI , YV0 , ZD9 , ZK3 , ZL8 , ZS8

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

IBP Beacon 2019/07/20

SFI=67 SSN=0 A=3 K=1 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

【覚書きメモ】 ~ 来たるべき首都直下地震に備えて ~ アマチュア無線の非常通信のありかたについて

役立たずです。 だってデンキが無いんだもの。 先の京アニガソリン放火犯を受けて、早くもガ…

アポロ11号 月面着陸50周年記念局一覧

W7RNステーションからお知らせが流れてきまして、ネヴァダスペースセンターの土地柄、K7Aというスペシャルコールでお出に…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/20

48WPM 134QSO/30min.=268Q/h Total = 1,239QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/19

SFI=67 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~320km/s Spotless Days Cu…

関ハム2019年・ JARLそこまで言って委員会 第9弾と韓国のフッ化水素問題を統合的に考える

いよいよやってまいりました!!、関西アマチュア無線フェスティバル2019年、 なんでも同日行わ…

アイコムのIC-9700はSDRです

日本の謳い文句ではそんなこと言ってなかったのに(ダイレクトサンプリング方式としか言ってない)。 アイコムUKでは、…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/19

48WPM 130QSO/30min.=260Q/h Total = 1,124QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/18

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

ページ上部へ戻る