プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

モールスランナーでWWDXコンテスト、DXCC WAZアワードハンティング遊びを再開しました

 

みなさんARRL DX CWの余韻に浸るヒマもなくARRLフォーンに突入のころ、 わたくしは早くも秋のWWDXに向けて、モールスランナーでWWDX特訓、DXCCとWAZアワードハント遊びを再開しました。

これまでおもにツインラン・両手両耳バラバラ手法で約1万5千局やってきた結果は以下の通り。

 

DXCC

 

 

トータルでは288カントリーWkd。

 

WAZ

 

 

14メガのZone34がぜんぜん呼んでこないぞ! ということで、WAZが完成するまで14メガシングルハンドで参戦することとしました。

 

再開にあたり、「ちょっと珍局が少なすぎるんじゃないかしら?」 と思い、NG3KのADXOの(これいつもAHOと見間違える)、過去の1996年からのDXペディアナウンスをMasterDtaに入れ込んでおりましたら、KH0、T8、PJ、ZF、8Q7等々、ヒマ人連中のバケペディがてんこ盛り、

宛然、地上の楽園マスターデータになってきたので途中でやめまして、今話題の3Y0Iをはじめアヴェスやマルペロ、ジョンストン島など、美味しそうなところを見繕って挿入、

さらに最新のMasterDTAを重ねて入れ込んで、合計73,425局の元データを作成しました。

 

初手、10分やってみた結果。

 

 

ARRL DX CWモールスランナー遊びと同じくスピードは48WPMのActivity=4、 結果、41QSO/10分=246QSO/h、まずまず。

でもシングルに集中するのはつらくてつまらないので、1週間ほどやってみてZone34が呼んでこなかったらズルしてST0Rでもログして完成させ、散漫で楽しいツインランに戻りたい考えで居ります。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

QCXに50ワットリニアアンプが出ましたよ!!

最初出たときに大反響を呼び、いまではJAでも多数のファンが居られるQRP-LabsのQRPトランシーバキット・QCXであ…

水晶谷でハムフェストがやってるよ!!

個人的にはデイトン行くより、こっちのほうがアメリカンで楽しいきがしますが。 QuartzFest 2020, ce…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/22

50WPM 138Q/30min. = 276Q/h Total QSO = 56,4…

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

ページ上部へ戻る