プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

ついに出る!! 16ビット版 Red Pitayaと気になるお値段について

 

待たれていたADC16ビット、かつ、入力インピーダンスを50オームとし、基板を四角にしてアマチュア無線専用になつた、STEMlab 122.88-16 SDRがいよいよ出るそうで、N6TV、BobがRed Pitaya companyに訊いてくれたのです。

1. When will we be able to pre-order?
*End of March – beginning of April *
2. When will you be able to ship?
*end of April *
3. What is the price?
*pre-order will be 499 EUR/pcs*

以下はSkimmerTalkのリフレクタで。

[Skimmertalk] New STEMlab 122.88-16 SDR Scheduled Availability: Late April

 

このことは何を意味するのかというとリグの自作というものが劇的に変わりました。 なぜならRedPitayaの10ミリワット出力を1万倍なり10万倍なりに増幅してやれば良いだけだから。

もしそれが面倒なら手持ちのトランシーバとOmni-Rigで同期させ、受信機として使っても良い。

SDRとしてのRedPitayaの受信能のものすごさは14ビット版においてすらすでに定評のあるところであり、IC-7610やTS-890、FTDX-101Dなどの最新リグに比肩、もしくは凌駕をもする無線機が、わずか7万円ほどのボードを、たった1枚で実現できることになります。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

Morse Runner Twin Run 2019/11/21

Left=30mb 96QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/20

SFI=69 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=430km/s Spotless Day…

さあ!世界を広げよう ~ DXエンジニアリングが太っ腹な秋冬バージョンカタログを無料配布してますよ!!

IC-7300であっという間に市場破壊されてしまい皆が困っている現状、我等がK3LR率いるDXエンジニアリングからのお知…

HamSphereのオータムンニューズレターが出ましたよ!!

なぜか自動契約更新になっていて先月30ユーロが自動的に引き落とされていましたがお知らせです。 HamSphere …

Morse Runner Twin Run 2019/11/20

Left=30mb 97QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/19

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=330km/s Spotless Day…

冬将軍とトロイカ体制とオールUA0チャンピオンシップと ~ 母なる大地のスラブアワードが三枚同時に届きました ~冬のダンシャリ祭り第1弾

やってまいりました冬将軍! わたしんちはすでにタイヤも換えて万全の…

世界に躍進する5MHzバンド

日本ではJARL内紛騒動ばかり繰り返し、すでに誰からも見放されたこのごろ、 Access to 60 Meters…

Morse Runner Twin Run 2019/11/19

Left=30mb 95QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/18

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

ページ上部へ戻る