プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

K3LRステーションがYouth Contesting Program参加における、正常な発達過程について

 

付属校出身の人が馬鹿呼ばわりされるのはなぜですか? ・・・やふーちえぶくろ

 

ベストアンサーに選ばれた回答:

(大学)受験をしておらず、知識が少ないから。そんでもって、受験を経験してこなかったから、

そりゃそうなんでしょうなあ。適齢期に基礎的な勉学をやりこんでない。 幼いころの多感期にヘンなことばっかりやらされてる。

付属に入れるのは親なんだろうから、親のお膳立てで学校行ったやつは使えないということなんでしょう。 そして親も同じ学校の付属出身のことが多いので親子揃ってバカと。 サイテーですな。

あと、超進学校である灘や開成なんかだと東大行くだけが目的なので学問への興味をすっかり失っており、その後伸びないというよな話も耳にします。  都会に生まれなくてホントによかった。 四谷大塚とかのくだらねえ塾に行かされてかわいそうに。

 

で、近年、同様のことをやろうとしているのがYOTA活動の一環、ビッグガンステーションでヤンゲスターさんにコンテストを楽しんでもらおうという活動=YCP(Youth Contesting Program)というのであり、

Europe’s Youngsters on the Air Enthusiasm Breeds Contesting Exuberance in US・・・ARRL

A group of a half-dozen young radio operators calling itself “Team Exuberance” will visit the contest superstation of Tim Duffy, K3LR, in late March for the CQ World Wide WPX SSB event.

若手育成しないと自身が食っていけないのは解りますが、ついにK3LRも陥落したかというところです。 突っぱねろよこんなもん。

 

・・・いまはどこの業界でも少子化で儲からないので、ガキどもを引き込むために、お与えの、「~してもらおうと」っていうのがとても多いです。「XX体験」なんていうのも数多ある。

わたくしはブログにおいてたびたび述べてまいりましたが、正常な発達過程、 アマチュア無線に即して言えば、10ワットにダイポールから初めて、 ちきしょー!、飛ばねえなあ! という強い自分の意思で上級資格取ったりアンテナ上げたりを経ずに、最初からYCPのようなお与えのお膳立てに乗ってはいけない、

むかしはワンパクに育って欲しいというCMもありましたが、4アマで3-500Zx2の汚い電波のガラクタゲタ使っても良いので、自律的に何でもやらかす人材でないと将来使えないと思われます。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る