プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

滋賀DXファイナルクラブに学ぶ、ダンシャリハムの極意について(カムバックハムへの道 第28弾)

 

仄聞するところによると、なんでもちかごろで甲賀方面でファイナルクラブなる秘密結社が作られたといふので、さすが忍者発祥の地、いよいよ日本でもフリーメーソンがおおっぴらに活動始めたか、と感慨深いところで、

<人生の最期まで無線を楽しもう!!>終活に向けた“無線じまい”の互助会的グループ「滋賀DXファイナルクラブ」発足・・・ハムライフjp

ただのNHKお達者クラブじゃないですか。 なんだよなあ。

ファイナルクラブってアメリカで言うところのファイベータカッパとかのソサエティクラブなんじゃないの? 、、でも秘密結社という意味では同じか。

 

それは良いとして、モットーであるところの、

「仲間が亡くなった時には、みんなで助け合って後始末をしよう」

というのは甘えではないでしょうか。 自分の始末は自分で付けるべきであり、せめて、「ボケる前に死ぬ!」にして欲しかった。

・・・そんなよな情けない話題しかないこのごろですが、自分のほうでもダンシャリ&カムバックハムを、ほとんど1年がかりでやっとで終えまして、ようやくコンパクトシャックが組み上がりました。

 

 

とてもコンパクトとは言えないセンス皆無。。 ほんとうはRedPitayaトランシーバだけにしたかったのでIC-7200は余計なのですがいちおう温存してあります。

自分が死んだりボケたら全部ガラクタゴミに捨てるように伝えてありますが、この程度ならさほど迷惑も掛けないでしょうが。

ダンシャリ収支としては、60万円くらい売り払ってカムバックハムに15万円くらい買い戻したのでプラス45万くらいでしょうか。 あと25年も前に死んだじいさんの迷惑な骨董の処分も、ものすごい苦労して100万くらいにはなりました。

 

・・・アマチュア機器のみならず、日本のブツは過剰になるいっぽうです。いまから100年前、1920年に起こった恐慌は第一次大戦でバカ景気に浮かれた過剰生産が発端でした。

古いリグは問題的北朝鮮方面やアジア新興国方面にまだ需要があるにしても、やがて買取りやオークション相場も必ずガラが来る。 また、近々来たるべき大震災のときにはラックから鉄の塊が自分目掛けてビュンビュン飛んでくる。

もしまだアマチュア無線を楽しみたいのならガラクタ類は、メンテとか火を入れるとか言ってないでスッパリ未練なく全部投げ捨て、ごく軽いIC-7300程度を約1ヶにするが良いでせうなあ。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る