プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

オーストラリア連盟 WIAのDX向けアワードプログラムが再開されたそうです

 

このところ、オーストラリア連盟のWIAはJARLと同じで老害だとか書いてたらWIA本部から突然メールが来まして、

[WIA awards DX user subscription]

Approximately 6 months ago the Wireless Institute of Australia (WIA) lost access to its PayPal account. This meant that any DX user wishing to subscribe to the WIA awards system was unable to do so. Apologies for the long delay, but our PayPal account has now been restored, and we can again accept PayPal payments.~後略

なのださうです。 悪口がバレたに違げえねえ。

たぶんえげつないPayPalとのトラブルだったんでしょうけど、VK3OHM局開発になる、WIAのすぐれたアワードシステムはこちら↓です。

About The WIA DX Awards Service・・・WIA

LoTWなどからデータ引いてきて、VKの各種アワードが、VK国内のWIAメンバーはロハであること、 われわれDX局でも、PayPalで30AUD払えば1年間有効で手間いらず、全部オンラインでもらえること、

わたくしは2年前のVK0EKとのQSOで、開局以来の念願だったWAVKCAアワードほか、約10ヶほどのアワードをもらいました(南極アワード欲しかったけど足らなかった)。

このときは何万局ものQSOデータをWIAに送るのに途中で止ってしまい、開発者のかたにパーシャル送り機能を付け加えてもらったという思い出もあります。

そのシステム概念図。

 

 

JARLでもQSLカード発行自粛とか情けないよなこと言ってないでこういうの作れば良いのに、というよなことを言っても会員様ファーストをオウムのように繰り返すだけで一向にラチがあかない、何も始まらない組織ですのであきらめるように。

WIAはJARLと同じく老害だとか言ってたのをここに深く反省しまして、WIAのアワードプログラムはすばらしいです。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る