プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

いよいよ出そうな気配のFTDX-101Dに見る、すぐれたSDRにフロントエンドは不要のこと

 

相当に難産そうだったFTDX-101Dも、



 

海外販売店からのビデオも出回り、いよいよ産声を上げそうな気配で慶賀の至りです。

で、かつてわたくしは、これに搭載されているVCチューンについて、

 

2018/05/25

FTDX101DのVCチューニングに見る、SDRのフロントエンドには、でかい水晶とでかいコイルが必要不可欠であることと、エレクラフトK3の優位性について

JF2IWL 旧ブログ

https://jf2iwl.blogspot.com/2018/05/ftdx101dvcsdrk3.html

 

などと間違つたことを記述してしまひました。すみません。 己の不明を愧ずるとともに、この場で訂正と自己批判します。

すぐれたSDRにフロントエンドは不要です。 そもそもSDRとはソフトウェアで全部解決するので当たり前でした。

それはこのビデオを見れば一目瞭然なんで、

 



 

たとへばSunSDR2 Proにはいちおう受信用分割BPFは入っているようですが、こんな小さな筐体に、どでかいバリコンやコイルや水晶なんか入れられるわけがない、 ソフトウェア的に奈落の底にバッサリ蹴り落とします。

このことは先年行われた3B7Aペディでのマルチバンドハイパワー同時運用で無問題だったことで証明されています。

 

 

手のひらに乗るペディ。

わたくしの持つRedPitayaトランシーバも同様、受信BPFやプリセレなど、フロントエンドのたぐいは一切入っていないハダカですが、1kHzお隣さんの信号とは断崖絶壁の無関係、

バンドに存在する住人は全員がひとりぼっち、都会の孤独なアパートのごとく、互いに干渉することは一切ありません。 さらには同じ部屋の400Hz内に居ても無言の家庭内別居であり、ふたつの信号が混ざることはありません。

このことは3kHz内でごった返すFT8モードにおいて、IC-7200よりもRedPitayaSDRのほうがデコード能がすぐれていることでも解ります。

ただし、フロントエンドが不要なのは、あくまでも「すぐれたSDR」であって、ふつうのSDRでは旧来どおりパンツやシャツは必要です。

 

・・・大艦巨砲主義の時代は終わりました。

八重洲さんにおかれても、どえらい苦労してVCでカリカリチューンの18ビットADCハイブリッドSDR技術なんて言ってないで、SunSDRから中身買ってきて使いやすいFT-1000MPのハコに入れてくれたら30万円くらいで日本製のナイスSDRができたのになー、と残念で居ります。

3Dスペアナなんか実装してどうするんだろう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

エレクラフトK4が出荷遅れに見る、「FT8時代に30万円以上のリグは必要なのか?」についての疑問とSDRの優位性について

既報の通り、 K4 Shipping Update・・・Elecraft our current targe…

揉めるARRLの渦中、N6AAがARRLの現体制に物申す

KB6NUのブログによりますと、先に水晶谷で開催されたハムフェストにN6AAが登壇、演説をぶったとの由にて。 Di…

IBP Beacon 2020/01/28

SFI=73 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=380km/s Spotless Days C…

いま再びXiegu G90 HF 20W SDR Transceiverの魅力に迫る

IC-705の登場は世界各地を大いに刺激したようで、ただいまMFJでもユーチューバーたちに盛んに宣伝させているようです。…

LimeSDR Miniでオスカー100号をあやつる

時代を先取りしたLimeSDRがついに活躍の場を得たようで、 LimeSDR Mini – Full Duplex…

IBP Beacon 2020/01/27

SFI=75 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=320km/s Spotless Days C…

NHKが4月から常時同時配信に見る、中波放送の未来について ( 2020年CQ 160-Meter CWコンテストの結果と感想 )

最近やけにカネを持ってるNHKが、 NHK「常時同時配信・見逃し番組配信」4月から開始へ・・・NHK だそう…

WRTC-2022のqualification points

WRTC-2022のリフレクタでは、「誰がオペレートしたどこそこの局が計上されてない」等の話題で持ちきりになつており、で…

IBP Beacon 2020/01/26

SFI=73 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=310km/s Spotless Days Cu…

デジタル時代のSWLについて考える ~ 若者をアマチュア無線に引き込むためにはどうすればいいのか?に対するDXエンジニアリングの回答

WebSDRなんだそうです。 SWL in the Digital Age—One Way t…

ページ上部へ戻る