プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

2019年のリグ選び ~ Pacificon 2018から考える

 

難産だったTS-890およびFTDX101も出そろったこととて(FTDX-101っていつ出るの?)、新春企画、未来に繋げるリグ選びをやってまいりたいと考えて居ります (まるでCQマガジンみたいだ)。

参考となるのは、昨年10月19日に開催された Pacific Division Convention (PACIFICON 2018) HAMFEST/CONVENTION、 おところはサンフランシスコ近くのSan Ramonといふところらしいです。

まずはSDRエイジの波に乗り気焔を揚げるFlexです。

 

 

メインリグはこれでキマリでしょうが。 だってiPhoneでコントロールできるんだもの。世界中、いつどこに居てもDXやコンテストができます。

顔面マエストロはお好みですが、個人的には不要です。キーボードとマウスでやればええ。 ゲタは余裕で2キロワットのPowerGenius XLをリモートで別室で使いたいところ。

2スライスの6400と4スライス・フルデュプレクスの6600とどっちにするか悩ましいところでありますが、4スライスあったほうが良いに決まってるので、このあたりはおサイフとご相談です。

 

これを迎え撃つは、昨年お目出度く設立20周年を迎えた地元のエレクラフトです。

 

 

一世を風靡し、世界を席巻したものの20年古い、、。

ハードオリエンテッドな時代だったので仕方ないんですけど、同じ性能でFlexの倍の値段なんだもの。 しかもソフトウェアラジオじゃないので広帯域FT8に対応できない。

いろいろしゃべっておられますが、選ぶとしたら、原点に返ってK2です。 柔らかい、ものすごく聞きやすい音、 CWerさんにはおかれては必携のナイスリグです。TS-890もバンスコやDSPなんか付けずにK2を再開発すれば良かったのに。

 

で、アメリカに負けてはならじと日本勢はこれだ!!

 

 

HFの扉をひらいたアイコム社さまの15分でよくわかるIC-7300超解説!

このビデオはPacificon 2018じゃなくて日本の岐阜県なんですけど実に魅力的です。何しろ価格性能比が抜群に安い。SO2R用に2台買ってもたったの20万円ほどです。 そして安心の日本メーカー。

しかもソフトオリエンテッドなリグですから、もしFT8が10kHz帯域に広がってもファームアップで対応できます(八重洲とかケンウッドはどうするんだろう?)。

ここで彼(IC-7300)に希望するとすれば、FT8を、PCのサウンドカードなんていうトロクサイよなのではなく、内蔵のFPGA直でキーイング/デコードを行う世界初のFT8トランシーバです。

先進のアイコムさまならきっと実現してくれると期待してます。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

RedPitayaに外部クロックを追加する

ただいまRBN-OPSのMLで祭りになってまして Frequency Calibration of RBN Nod…

IBPビーコン捕捉用のFT-840をぶちこわしてしまいました

やっちまった。。。 ひさびさにコンテストに出て(DL-DX RTTYとマルコニメモリアル)、気…

青春の夢のリグがもらえる!! The Intrepid-DX Groupがアマチュア無線のエッセイを募集しています

夢のリグ?というとIC-7851ですが、それがIC-7300だったからといってガッカリしてはいけません。 &nbs…

アメリカ独立記念~13コロニーのスペシャルイベントが開催中です

このイベントでデラウェアをゲットしよう!、というのは中々難しいです。 13 Colonies special ev…

ARRLが新版のエクストラクラス試験のマニュアルを発売

ARRLからのお知らせです。 New Amateur Extra Class License Manual and…

フィールドデーコンテストの日程変更についての意見募集中です

JARLコンテスト委員会さまからのお知らせです。 JARLコンテストの実施時期についての意見募…

200Wを超える局の「JARDスプリアス確認保証」におけるALPHA-77DXの立ち位置について

ただいま、 <対象となるリニアアンプのリストを掲載>JARD、200Wを超える局の「スプリアス確認保証」を7月1日…

ARRL FDにおける、スモールホームステーション・N5DUにおけるおっさんオペの様子

今年のARRL FDはホームステーションからの運用が推奨されていましたが、N5DUステーションからビデオが届きました。 …

2020年のARRLフィールドデーに出ました

表題のイベントに参加しました。 このイベントの主な目的は非常通信であり、さらにことしは特別、おうちからのQRVが推…

「昼カラ」クラスターと、JARL主催コンテストは通常開催へ!

揉めに揉めまくっている我がJARLさまでありますが、では、高尾会長さんは現在、どうなさっているのだろう?とブログを覗いて…

ページ上部へ戻る