プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

シャレにならなくなってきた 東西凸凹てんぷく冷戦OTHレーダー合戦の動向について

 

いよいよテンパイしてきた東西冷戦の復活で、IARUのモニタ活動も益々盛んなようで、

IARUMS reports on OTH Radar on 21 MHz・・・QRZ.ナウ

ナマハゲ的に、21メガのアマチュアバンドに侵入している悪い子はいねが~!? というと、

IARU-R1 Monitoring System reports an Over The Horizon (OTH) radar located on the island of Cyprus has been active on 21.170 MHz

こらこらイギリスじゃねえか。 Reg.1の盟主をもって任ずる国が自ら妨害して何をやっているのかと。

このことから解るように、どの国も口先では世間体の良いよなこと言っててウラでは汚いことばかりしている手合いばかり、

全員が二枚舌三枚舌なことをやってるわけですが、12月のレポートを拝見しますと、キプロスの近く、先般ロシアに分捕られたクリミアからも対抗して元気に発射なされているようで東西仲よし、慶賀の至りです。

 

・・・他方、わたしたちのReg.3はどうなのかしら? と昨年11月のレポートを見てみますと、

http://www.iaru-r3.org/newsite/wp-content/uploads/2018/12/r3ms-2018-11.pdf

われらのよい子のJARLさんの報告にあるところの、

JARL 3553.0 3.0kHz 2018/11/26 20:50 J3E/L 

Music broadcasting

これって内政の、国内で解決すべき話なんじゃないの? 他人のせいにしてちゃダメなんじゃないの?

というか、まだ存命でやっておられたのか、世代交代したのか?、全国に根強いファンを持つあの放送、いまどうなのかしら?と3553kHzを聴いてみたら大陸のOTHレーダーに潰されまくり、、

なにをしゃべっているのかぜんぜん解らず負けまくり、、何をやらせてもダメなようでした。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る