プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

第1回 FT8 Round UPの結果発表とその講評とSDRによる未来のFT8について

 

先に開催された第1回FT8 Round UPの正式結果と賞状が発表されました。

 
https://www.rttycontesting.com/2018-online-certificates/ 

で、主催者の講評が、

 

2018 FT8 Roundup Results Page

 

きはめて適切にバランス良く書かれており、非常にすぐれたものだと思いました。 コンテストのみならず、今後のFT8の未来を占う予言としてお読みになると良い。

ここから読み取れることは、まず第一に、K1JT局らWSJT-Xチームがコンテスト周波数をデジタルバンドではなく、14130kHzのSSBバンドに定めた理由は、先にこのブログでも書きましたが、

 

FT8モードはデジタルモードではなくSSBモードであるという認識

 

「FT8とはSSBである」という認識に基づく。

昨晩、7メガではXF0Xを呼ぶJA局で修羅場になっていましたが、すでに3kHz帯域ではパンパンに局があふれた現在、FT8モードは、もはや3kHzというSSBの枠を離れ、最低24kHzくらいまで広がりたいところ。

このことを予想した場合、14074から大幅に上にはみ出ると、非常通信用のPACTOR・Winlinkとのコリジョンが発生し、問題になる、、

なのでK1JT局らは新境地を求めデジタルバンドの上、SSBバンドに一気に飛んだのでしょう。 上記ブログに書いたように、FT8とはそもそもがCondx低下時におけるSSBの代替モードなのですから。

 

第2に、AA5AU局らは従来のコンテストを踏襲し、SO2Rにおける2バンドでのRF同時送信は禁止にしていますが、同一パスバンド内でのAFの複数送信は明示的には禁止していません。

講評の文中、K6LL局が、「FT8はRTTY45よりもレートが出ないので、ARRL Round UPではFT8には出ない」と書いているのは、旧来のRTTYerへの配慮とともに、将来の同一バンド複数送信での爆速レートを見据えているものと考えられます。

第三に、この結果を踏まえ、K1JT局らWSJT-X開発チームは、コンテストのみならず、すべてのFT8のQRGを同じく14130kHz+に定め民族大移動させるつもりでしょう。

これはごく簡単なことで、

Pitcairn Island DXpedition 2019・・・DXワールド

果たせなかった3Y0Zの捲土重来といふか、船にそのままFlex積んで行けるようになってるW8HC局らのVP6チームがこの秋のペディで14130kHzで出れば良いだけです。 猟犬はキツネに付いて行かざるを得ない。

SDRトランシーバであるFlexは、すでに10kHz帯域を見られるようになつてますから、14130kHz+10kHzに広がってキツネ狩りをやることになる。

つまり旧来の3kHz帯域なSSBトランシーバでは戦えなくなる事態がすぐ先の未来にあります。

 

・・・SDRとは一般に「ソフトウェア定義無線機」と呼ばれますが、これまでのアマチュア無線機器でのSDRとはスーパーへテロダインの安価な置き換えでしかなかったのが、FT8というソフトウェアによってハードウェアも根源的に変わらざるをえない時代になつた。

このことが、「ソフトウェアで定義する無線機(SDR)」という言葉の持つ本質的な意味を付与され、ついに今年、アマチュア無線界で実現化するのだろうと思います。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

エレクラフトK4が出荷遅れに見る、「FT8時代に30万円以上のリグは必要なのか?」についての疑問とSDRの優位性について

既報の通り、 K4 Shipping Update・・・Elecraft our current targe…

揉めるARRLの渦中、N6AAがARRLの現体制に物申す

KB6NUのブログによりますと、先に水晶谷で開催されたハムフェストにN6AAが登壇、演説をぶったとの由にて。 Di…

IBP Beacon 2020/01/28

SFI=73 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=380km/s Spotless Days C…

いま再びXiegu G90 HF 20W SDR Transceiverの魅力に迫る

IC-705の登場は世界各地を大いに刺激したようで、ただいまMFJでもユーチューバーたちに盛んに宣伝させているようです。…

LimeSDR Miniでオスカー100号をあやつる

時代を先取りしたLimeSDRがついに活躍の場を得たようで、 LimeSDR Mini – Full Duplex…

IBP Beacon 2020/01/27

SFI=75 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=320km/s Spotless Days C…

NHKが4月から常時同時配信に見る、中波放送の未来について ( 2020年CQ 160-Meter CWコンテストの結果と感想 )

最近やけにカネを持ってるNHKが、 NHK「常時同時配信・見逃し番組配信」4月から開始へ・・・NHK だそう…

WRTC-2022のqualification points

WRTC-2022のリフレクタでは、「誰がオペレートしたどこそこの局が計上されてない」等の話題で持ちきりになつており、で…

IBP Beacon 2020/01/26

SFI=73 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=310km/s Spotless Days Cu…

デジタル時代のSWLについて考える ~ 若者をアマチュア無線に引き込むためにはどうすればいいのか?に対するDXエンジニアリングの回答

WebSDRなんだそうです。 SWL in the Digital Age—One Way t…

ページ上部へ戻る