プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

WSPRでDXCCチャレンジ!!

 

先般はWSPRでDXCCハンティングという遊びをやっていて、受信だけで25カントリーという結果を得ていましたが、その後、同好の士を見つけました。

WSPR DXCC ・・・PE4BAS

かれは10メガの1ワットで送信のDXCCで90カントリーとのこと。 ほかにも世界でオランダの連中が音頭取って毎日の捕捉合戦チャレンジも行われているようで、結構ホットです。

ではわたくしも再開!! というので、溜めていたログをADIFに変換してClubLogに突っ込んでみました。

いつぞやはモールスランナーDXCC遊びで1945年からのペディション局を全部入れ込んでみたら怒られましたが、現在進行なこの程度のお遊びは良いだろう、

DXCCを出してみましたところ、

 

 

47カンツリーに倍増していました(受信のみです)。 珍しいところでは5Z、8Q、V5など(ここらは伝搬プロジェクトとしてビーコンを常駐させてるんでせうが)。 またCQゾーンは25ヶと出ました。

これまでの実績はIC-7200による14メガだけのシングルバンドでしたが、Red Pitayaには8バンド同時WSPRトランシーバメニューもございますので、いずれWSPRの受信だけでDXCCチャレンジというのをやってみたいと考えて居ります。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

エレクラフトK4が出荷遅れに見る、「FT8時代に30万円以上のリグは必要なのか?」についての疑問とSDRの優位性について

既報の通り、 K4 Shipping Update・・・Elecraft our current targe…

揉めるARRLの渦中、N6AAがARRLの現体制に物申す

KB6NUのブログによりますと、先に水晶谷で開催されたハムフェストにN6AAが登壇、演説をぶったとの由にて。 Di…

IBP Beacon 2020/01/28

SFI=73 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=380km/s Spotless Days C…

いま再びXiegu G90 HF 20W SDR Transceiverの魅力に迫る

IC-705の登場は世界各地を大いに刺激したようで、ただいまMFJでもユーチューバーたちに盛んに宣伝させているようです。…

LimeSDR Miniでオスカー100号をあやつる

時代を先取りしたLimeSDRがついに活躍の場を得たようで、 LimeSDR Mini – Full Duplex…

IBP Beacon 2020/01/27

SFI=75 SSN=18 Kp=1 Solar Wind=320km/s Spotless Days C…

NHKが4月から常時同時配信に見る、中波放送の未来について ( 2020年CQ 160-Meter CWコンテストの結果と感想 )

最近やけにカネを持ってるNHKが、 NHK「常時同時配信・見逃し番組配信」4月から開始へ・・・NHK だそう…

WRTC-2022のqualification points

WRTC-2022のリフレクタでは、「誰がオペレートしたどこそこの局が計上されてない」等の話題で持ちきりになつており、で…

IBP Beacon 2020/01/26

SFI=73 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=310km/s Spotless Days Cu…

デジタル時代のSWLについて考える ~ 若者をアマチュア無線に引き込むためにはどうすればいいのか?に対するDXエンジニアリングの回答

WebSDRなんだそうです。 SWL in the Digital Age—One Way t…

ページ上部へ戻る