プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

究極のSDR、HamSphereからメリークリスマス!!

 

この秋、ついにロングパスが実装されたといふHamSphere、今年最後のニューズレターが届きました。

HamSphere Newsletter December 2018

今年はお目出度い10周年ということもあり、寒い国から来た男、主宰の5B4AIT、Kellyもリキが入っていて、有料リモートによる珍カントリーの設定など、精力的に活動していたと思います。

アンテナを上げられない、アマチュア無線免許を持てない、 あるいは免許が許可されない地域からのファンがますます増大しているようで慶賀の至りです。

つってもHamSphereの4.0(HS4)はVOACAPを導入した本格的な地球シミュなので、わたしんちのJAのIPアドレスでは現実にJAから出たそのまんま、架空のビームアンテナ買わないとぜんぜん聞こえない、飛ばないのだけれども。

 

で、年末も近づいて私は思ふのです。 世はではSDR(Software Defined Radio)というハードウェアが流行りらしい。 だがHamSphereは「defined(定義された)」なんていうヘンなナゾの言葉なんかひっついてない、そのままソフトウェアラジオじゃないか。

JARL会長さんのお言葉で言えば、「声のSNS」っていうのですね。

 

・・・いまは国内コンテストでもCondxが悪いとかレーダーパタパタがひどいとかのお嘆きが多数聞かれます。

電子化を推進するJARLさまに於かれては、仮想空間HamSphereでは誰でもコンテストやアワードが開催できるのですから、一国のアマチュア無線連盟として参加、 皆を仮想空間に一斉移動させてコンテストや支部のオンエアミーティングなど開催されてはいかがですか?

コンテストではログ提出や審査は不要、勝手に向こうのサーバで自動計算してくれます。 豪華カラーQSLカードも美しい各種アワードもロハ、経費要らずのオートマです。

会費はJARL会費のわずか半額、若者にもやさしい年額30ユーロです。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

魅惑のロシヤYLクラブのエキゾチックな味と香り

ちきしょー、 こんなナイスアワードがあるのなら世界アマチュア無線デーにちゃんと出るんだったという後悔のアワードを見つけま…

いったい全体、出るのか出ないのか? PalsterのTR-30Aトランシーバ

ちかごろではハムライフさまなども取材に出かけてくだすって家に居ながらにして楽しめるデイトンでありますが、こっちにはより多…

Morse Runner WAZ Award 10mb 2019/05/24

48WPM 104QSO/30min. = 208QSO/h Total = 2,194QSO 173Ct…

IBP Beacon 2019/05/23

SFI=67 SSN=0 A=5 K=1 SolarWind=~350km/s JF2IWL Faros …

6mのマルチホップ伝搬とパチンコ台と釘師との関連についての考察 ~ 統一場理論の確立にむけて

1980年4月10日09:12JST JA1BK~…

クリミアの灯台を奪取せよ!ミッションインポシブルをやるそうです

ウクライナの大統領選に合せてのイヤガラセですな。 Radio expedition to the Crimean …

Morse Runner WAZ Award 10mb 2019/05/23

48WPM 123QSO/30min. = 246QSO/h Total = 2,092QSO 169Ct…

IBP Beacon 2019/05/22

SFI=68 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~350km/s JF2IWL Faros …

屋久島で登山者が孤立とキングソロモンの法則との関連について

わざわざ屋久島くんだりまで出かけたひとびとが、 屋久島大雨 登山者ら314人救出・・・とうきょうしんぶん 大…

WinlinkのメッセージがWebで見られるようになりました

「傍受できない暗号私信である(とくに圧縮添付ファイル)」(?)とのかどで揉めていたWinlinkですが、その対策としてか…

ページ上部へ戻る